1. HOME
  2. World Now
  3. サリー・ルーニー新作「美しき世界」は資本主義への幻滅がテーマ 秀逸のセックス描写

サリー・ルーニー新作「美しき世界」は資本主義への幻滅がテーマ 秀逸のセックス描写

Bestsellers 世界の書店から
山本正樹撮影

とにかく暑苦しい夏だった。7月には欧州全体を熱波が襲い、ロンドンも史上最高の気温40度を記録した。かき氷もエアコンもない(普及率はせいぜい数%)英国ではじたばたしてもしようがない。冷水を浴びたのち、わが家の自堕落な犬のまねをして木陰に横たわるのが最高の納涼法だと知った。

後知恵だけれど、木陰というのは6度くらい気温を下げるそうで、ロンドン市長も暑熱対策として植樹予算5億円を計上してくれた。誰が考えたって大都市は緑化に努めるに如かず、なのである。犬の本能をまねしていれば、たいていの苦しみは乗り越えられる。

1991年生まれのアイルランド人作家サリー・ルーニーの最新作『Beautiful World, Where Are You』は長編3作目だが、すでに彼女は最初の2作で各種文学賞を取りまくり、特に2作目の『Normal People』はブッカー賞候補にまで上り詰めた。

本書のタイトル『美しき世界よ、おまえはどこに』はシラーの詩を引用したもので、彼女は現代生活への幻滅と美しきものへの憧憬を描いた本作に適したタイトルだと思ったという。

自他共に認めるマルクス主義者の著者は、一作ごとに現代社会をマルキシズム的観点で解釈する傾向を強めてきた(前作『Normal People』では主人公の一人コネルが恋人のマリアンヌに『共産党宣言』を読めと勧めたりしている)。

著者の幻滅というのは、資本主義社会なかんずく新自由主義の行き着くところにはもはや「美しき世界」はなさそうだという失望である。

本書の主要登場人物は30歳前後の4人のアイルランド人男女。前2作がダブリンのトリニティ・カレッジを舞台にしたキャンパス物だとするなら、本作は就職後の物語と言えるだろう。

アリスは世界的ベストセラー作家。アイリーンはアリスの大学時代の親友で文芸雑誌社に勤務。サイモンはオックスフォード大学を卒業し政府関係機関で働いているキリスト教徒。フェリックスという男性のみがほかの3人とは異なる労働者階級の出身で、倉庫の運搬係をしている。

アリスとフェリックス、アイリーンとサイモンという組み合わせが友情・愛情・交情を介して結びついた2組のカップルとなり、この構造は最初から最後までそれほどの破綻もなく維持される。

しかし4人の内面は、絶えず揺らされるスノードームの雪のように落ち着かない。両女性の自虐的傾向のほか、カップルそれぞれが不釣り合いな要因を抱えているからだ。

例えばベストセラー作家アリスと倉庫労働者フェリックス。年収200万円の編集者アイリーンと政治顧問のサイモン。さらに大学同窓のアリスとアイリーンが富者と貧者に二分されている事実。

ストーリー自体には最終章に至るまで大きな動きはなく、基本的に狭い生活圏、厨房(ちゅうぼう)ないしは閨房(けいぼう)での出来事に終始する。

だが、天才的な著者の文章術のおかげで読者はヒリヒリするような告白、心理戦の応酬を読むことになる。そして階級、教育、知識のコモディティ化、文明の崩壊、憐憫(れんびん)と愛、なども縦横に語られる。

それに加えて、どうやら著者の文名を高らしめている要素の一つらしいが、セックスシーンのすぐれた描写も特筆すべきだろう。最少の言語で最大の効果をあげるタイプのエロチシズムと言える。後期青年群像がからみあうこの作品は、人類文明の先行きは暗いという悲観的な見通しの中で、小ぶりであれ真善美へ到達しようというあがきの物語となっていく。

英国のベストセラー(ペーパーバック、フィクション部門)
8月6日付The Times紙より
『 』内の書名は邦題(出版社)

1 Where the Crawdads Sing『ザリガニの鳴くところ』(早川書房)
Delia Owens ディーリア・オーエンズ
湿地帯に一人で住む崩壊家庭の娘カイアに殺人事件の嫌疑が。

2 Matrix
Lauren Groff ローレン・グロフ
12世紀フランスの宮廷から英国修道院へ送られた17歳のマリー。

3 Beautiful World, Where Are You
Sally Rooney サリー・ルーニー
アイルランドの男女4人の若者が織りなす友情と性の物語。

4 It Ends With Us
Colleen Hoover コリーン・フーヴァー
小さな田舎町からボストンに出てきたリリーのキャリアと恋愛。

5 The Twyford Code
Janice Hallett ジャニス・ハレット
刑務所上がりのスティーブンが高校時代の恩師の蒸発事件を解決する。

6 The Man Who Died Twice
Richard Osman リチャード・オスマン
ベストセラー作家の2作目。後期高齢者4人組による殺人事件の解決。

7 How to Kill Your Family
Bella Mackie ベラ・マッキー
確かに何人かを殺したグレース。だが冤罪で投獄されてしまった。

8 The Paper Palace
Miranda Cowley Heller ミランダ・カウリー・ヘラー
毎年避暑に出かける別荘で50歳の婦人が秘密の行為に走る。

9 Lightseekers
Femi Kayode フェミ・カヨデ
ナイジェリアの心理学者が3学生殺人事件の解決に向かう。

10 The Island of Missing Trees
Elif Shafak エリフ・シャファク
1970年代キプロス。出自の違う2少年(ギリシャとトルコ)の物語。