1. HOME
  2. World Now
  3. ノーベル平和賞にエチオピア首相 どんな国?が分かる記事8選

ノーベル平和賞にエチオピア首相 どんな国?が分かる記事8選

World Now
2019年8月、来日したエチオピアのアビー首相=横浜市、代表撮影

「明治維新なみの変革期」 12億人のアフリカ市場が巨大貿易圏めざして動く

ボレ・レミ工業団地で働くタガン・タフェッセ(24、左)と妻のマショ・アバギディ(26)。タガンはエチオピア南部の出身で、15歳で高校をやめ、アディスアベバに出てきたという=五十嵐大介撮影

エチオピア 高度経済成長の秘密とは

エチオピア経済に関する著書もある、首相補佐官のアルケベ・オクバイ。「ずっと保護主義を続けることは不可能だ。自由な市場を信じている」と話す=五十嵐大介撮影

「アフリカの北朝鮮」は本当? エリトリアで独立記念式典

独立記念式典が開かれたエリトリアの首都アスマラで24日、国旗などを持って盛り上がる若者たち=中野智明氏撮影

なぜエリトリアはイタリア建築満載なのか? 世界遺産の町を歩いて見えたこと

伝統衣装を身にまとい、首都アスマラにあるエリトリア正教会で祈りを捧げる人々=5月26日、中野智明氏撮影

世界一、食に恵まれた駐在員?@アディスアベバ

ガーネットさんがつくった「から揚げとナスの煮浸し」

1000人にたったの2台 世界有数の「車を持ちにくい国」エチオピアの事情

アディスアベバ市内の中古車店。多くが日本製の小型車だ=五十嵐大介撮影

自生するコーヒーを売り出せ エチオピアの森で日本が試み

森に自生するコーヒーの木の状況を確認するJICAの西川達治(右)と現地スタッフのタファリ=左古将規撮影

子供たちが跳びはねる希望の風景、アフリカ最大の水力ダムが一変させた

ファウスト・ポダヴィーニ Fausto Podavini