1. HOME
  2. Travel
  3. おしぼりなんて呼ばないで

おしぼりなんて呼ばないで

アフリカを旅する
おいしそうにインジェラを食べる男性。一緒に取材した中野智明さんに撮影してもらった=6月

「あの雑巾かおしぼりみたいなやつ食べた?」

私がエチオピアに初めて滞在した6月上旬、知人からそんなメッセージが届きました。

雑巾? おしぼり? いやいや、エチオピアの国民食「インジェラ」です。酸っぱさもあって、日本人旅行者の好き嫌いははっきり分かれるようですが、ちょうど数時間前に昼ご飯で食べたところでした。実は初めて食べたのですが、「結構うまかったよ」と返信しました。

大皿に盛り付けられたインジェラ。中心に盛られているのはパン=石原孝撮影

インジェラは、テフという穀物の粉と水などを混ぜて発酵させて寝かせた後、クレープのように焼きます。レストランではおしぼりのように丸まった形で出てくることが多く、指先でちぎってラム肉や野菜の煮込などをつけたり巻いたりして食べます。

ちなみに、私は1週間の滞在で計5回、堪能。隣国ジブチまで走る鉄道の車内では、親しくなった夫婦から「お弁当箱」に用意されたインジェラをいただきました。満腹になった後は、エチオピアコーヒーまでごちそうに。

地元の現地ガイドは「1日3食は食べているよ」と笑ってました。私はさすがに「毎食インジェラ」は無理ですが、現地の人との交流や地元のメシを楽しむのも、旅の大きな醍醐味。今回は、私が出会った「アフリカの味」を写真でご紹介します。