1. HOME
  2. Travel
  3. 世界遺産ザンジバル島のストーンタウンで裏路地巡り

世界遺産ザンジバル島のストーンタウンで裏路地巡り

アフリカを旅する
ザンジバル島の世界遺産ストーンタウンには、古い建物や教会なども残っている=1月29日、石原孝撮影

アフリカ東部にあるタンザニアのザンジバル島は、かつてポルトガルやアラブの支配を受け、奴隷や香辛料などの交易で栄えました。今は東アフリカ有数のリゾート地として知られ、私が訪れた1月末は欧州の旅行客でごった返していました。

ザンジバルで有名なのが、ストーンタウンとよばれる地区。石造りの古い建物が残り、世界文化遺産に指定されています。英ロックバンド「クイーン」のボーカルだった故フレディ・マーキュリーの生誕地としても有名です。

ザンジバル島の世界遺産ストーンタウンの路地裏。電線や水道線が張り巡らされていた=1月29日、石原孝撮影

1日あれば主要なエリアは歩いて見ることができます。道幅が2、3㍍しかない路地裏もあり、土産店や絵画を売る店、地元住民が集う雑貨店などがあります。油断していると道に迷ったり、原付きバイクが通ったりすることもあるので注意は必要ですが…。

ザンジバル島の世界遺産ストーンタウンの路地裏に置かれていた絵画=1月29日、石原孝撮影

港の近くには魚市場があり、頼めば新鮮な魚をさばいてくれます。夜になれば海沿いの広場でイカやタコ、エビなどの串焼きやケバブなどの屋台も出ます。

ザンジバル島の世界遺産ストーンタウンの広場で、魚介類の串焼きなどを売る男性=1月29日、石原孝撮影

屋台の従業員は「見るだけ」「1分だけ」とひっきりなしに声をかけてきます。彼らとのやりとりを楽しむのも良いですが、静かに夕食を楽しみたいという人は、近場にレストランも多くあるのでそちらがおすすめです。