1. HOME
  2. Travel
  3. カバににらまれ、ガイドが逃げる……日帰りで楽しめる動物天国

カバににらまれ、ガイドが逃げる……日帰りで楽しめる動物天国

アフリカを旅する
こちらの存在に気づき、鋭い目つきでにらむカバ。現地ガイドがすぐに距離を取った=2018年4月、ケニアのナイバシャ湖、杉本康弘撮影
こちらの存在に気づき、鋭い目つきでにらむカバ。現地ガイドがすぐに距離を取った=2018年4月、ケニアのナイバシャ湖、杉本康弘撮影

東アフリカのケニアと言えば、ライオンやゾウ、キリンといった動物を思い浮かべる人も多いでしょう。本格的なサファリを楽しむなら、タンザニアとの国境にあるマサイマラが有名ですが、そんな時間は取れないという人も多いはず。ということで、首都ナイロビから日帰りで行ける国立公園などで撮った動物を、2回に分けて紹介します。

別の取材でケニアに滞在した杉本康弘カメラマンに撮ってもらった写真もあります。出来栄えが段違いに良いので、ぜひご覧ください。

アフリカを旅する2_8
木によじ登るサバンナモンキー=2018年4月、ケニアのナクル湖国立公園、杉本康弘撮影

私のおすすめの一枚は、ナイバシャ湖で私たちをにらみつけるカバの写真。現地ガイドが操るボートに乗っていたのですが、頭を水面から出し、今にも襲いかかってきそうな眼光でした。経験豊富なガイドも恐れをなしたのか、大慌てでボートのエンジンをかけて距離を取っていました。

アフリカを旅する2_2
大きな口を開けるカバ。現地ガイドは「おなかがすいているんだろう」と教えてくれた=2018年4月、ケニアのナイバシャ湖、杉本康弘撮影

ちなみに、ボート利用料は一人30ドル。私たちが訪れた4月下旬は、体長4メートルほどのカバを10頭以上見ることができました。カバは水中に潜るとどこに向かってくるか分からないので、訪れる際はくれぐれもご注意を。