1. HOME
  2. LifeStyle
  3. 韓国オーディション番組プデュ出身「JBJ95」 デビュー1年の肉声

韓国オーディション番組プデュ出身「JBJ95」 デビュー1年の肉声

現地発 韓国エンタメ事情
伊ケ崎忍撮影

韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101(プデュ)」シーズン2から出てきた日韓二人組の「JBJ95」が、韓国でのデビューから1年を迎えた。日韓両国でファンクラブ「JJAKKUNG」が結成され、そのスタート記念のファンミーティングが東京と大阪で開かれた。日本人のケンタと韓国人のサンギュン、二人にインタビューし、デビュー1年を前に誕生した「JJAKKUNG」への思いを語ってもらった。

シーズン2からは、1~11位の上位メンバーが「Wanna One(ワナワン)」としてデビューしたが、12位以下だった出演者の中からも、ファンの熱烈な支持を受けた6人が「JBJ」としてデビュー。ケンタとサンギュンもそのメンバーだったが、JBJが活動を終えるタイミングで「一緒に活動を続けたい」と意気投合し、二人組となった。二人は1995年生まれ。JBJに95を付けて「JBJ95」となった。

ケンタはK-POPファン出身。それゆえファン心理はよくよく知っている。今回のファンミーティングでも、舞台から下りてファンと近い距離で交流する時間を作ったそう。ところがケンタは「すぐ目の前にファンの方がいるっていう状況が僕たち初めてだったので、二人とも恥ずかしくなっちゃって、目線をどこにやったらいいのか分からなかったぐらい」と、はにかむ。

「これからどんな活動をしたらいいと思いますか?」という二人からの問いかけに、ファンは「一緒に散歩したい」「一緒にキャンプに行きたい」など、共に時間を過ごす要望が多かったそう。サンギュンは「僕はファンの方たちと一緒に曲を作って一緒に歌いたいです」と話す。

そもそも「JJAKKUNG」というのは、韓国語の짝궁(チャックン)から来ている。特に親しい友達、相棒といった意味だ。ファンから候補を募り、選んだネーミングだという。「一番近い存在。それは僕たちJBJ95とファンの皆さんの関係」とケンタ。サンギュンも「ファンの皆さんと緊密な間柄でいたいという願いを込めて選びました」と話す。

伊ケ崎忍撮影

わずか1年の間に3枚のアルバムを発売。8月に発売された3枚目のミニアルバム「SPARK」は夏をイメージした曲が詰まっていた。サンギュンはいくつかの曲の作詞に参加。そのうちの1曲「HEY, SUMMER」が最もお気に入りだという。「夏と言えば初恋。そんな雰囲気も込めた」。

一方のケンタのオススメはやはりタイトル曲「SPARK」。「僕たちが目指しているのは、K-POPだけどK-POPっぽくない。今までのK-POPとはちょっと違った、ドライブしたり散歩したりしながら気楽に聴ける曲だと思います」

二人は「共通点を挙げるのは難しい」と声をそろえるほど、好きなものが違う。音楽の趣味もそうだ。ケンタいわく「僕は明るめのポップソングが好きで、サンギュンは重めのヒップホップ、という感じ。いろんな部分でお互い真逆だからこそ、いいアイディアが出てくる」。確かに、5曲のミニアルバムでも、曲の色合いは多彩だ。「朝から晩までをイメージした5曲なので、朝から順番に聴いてみて」とケンタ。

好みが違って一番困るのは、ご飯を食べる時だという。サンギュンは「僕はドリアンとか、東南アジア料理とか、好みの分かれるような食べ物が好きですが、ケンタはそういうのはダメで。意見の合わない時はジャンケンで。僕が大体勝ちます(笑)」

サンギュンは小学生の頃から漠然と歌手に憧れていた。最初に刺激を受けたのは、東方神起。「実際にコンサートで見たら、とってもかっこよかった。舞台が揺れるような観客の反応に、こんなに愛されてるのか、と思った」。そんな経験を経て中学生くらいから本格的に歌手デビューを目指して準備を始めたという。ここまで決して平坦な道ではなかったが、「変わりなく応援してくれるファンの方たちのおかげでやってこられた」

一方のケンタはいくつものファンクラブに加入するほど熱心なK-POPファンだった。「もともと小さい時から音楽もアイドルも好きでしたが、高校1年生の時、ユーチューブで見たK-POPに大変な衝撃を受けました。なんてかっこいいんだ!って。その瞬間から僕がやりたいのはこれだ!と思いました」

伊ケ崎忍撮影

現在ケンタは韓国語がペラペラだが、4年前に韓国へ渡って来た時から韓国語を学び始めたという。今やサンギュンが「韓国人よりうまい」と褒めるほど。今後は日本での活動も増える予定で、サンギュンも「もっと日本語を磨いてファンの方とたくさん話せるようになりたい」と意気込む。

「しゃべるのが好き」というケンタは、韓国のバラエティー番組にも出ているが、実は「日本のバラエティー番組が大好きで、出演するのが夢です」と言う。「日本のテレビやラジオ、広告など、僕たちの姿を見ない日はない、というぐらいいっぱい出たい。そして日本デビューして大きなステージにも立ちたい」。K-POPに魅せられたケンタの夢はサンギュンに出会い、どんどん膨らむ。

JJAKKUNG」オープン記念のファンミーティングは11月11日午後11時、24日午後9時にCS放送「衛星劇場」で放送される。