1. HOME
  2. World Now
  3. シリアの「秘密刑務所」で続く拷問、レイプ、そして死

シリアの「秘密刑務所」で続く拷問、レイプ、そして死

ニューヨークタイムズ 世界の話題
An undated handout satellite image provided by Amnesty International shows the military-run Saydnaya Prison, where the Syrian government has executed thousands of prisoners, near Damascus, Syria. Hundreds of thousands of Syrians have been locked away in filthy prisons where thousands were tortured to death — and the pace of arrests and executions is accelerating. (Amnesty International via The New York Times) -- NO SALES; FOR EDITORIAL USE ONLY WITH NYT STORY SYRIA PRISONS BY ANNE BARNARD FOR MAY 11, 2019. ALL OTHER USE PROHIBITED. --
シリアの首都ダマスカス近郊にあるSaydnaya刑務所(国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」提供の衛星写真)。シリア軍の管轄下にあり、ここで数千人が処刑された=Amnesty International via The New York Times/©2019 The New York Times

シリアの治安当局者はムハンナド・ガバッシュ(31)を何時間も手首からつり下げ、血が出るほど殴りつけ、電気ショックを加え、口に銃を突っ込んだ。

アレッポ出身で法律学を学ぶガバッシュは、平和的な反政府抗議行動を組織したことを繰り返し自白した。だが、爆撃を計画したという架空の告白書を書くまで、拷問は12日間続いた。

それはほんの始まりに過ぎなかったと彼は言う。

彼は、シリアの首都ダマスカスのMezze空軍基地にあるぎゅうぎゅう詰めの監獄に送られた。彼が言うには、そこで寒い夜に何日も他の収容者とともに、警備員に裸にさせられてフェンスからつり下げられ、水をかけられた。夕食時、仲間を楽しませる余興と称して、自らヒトラーと呼ぶ当局者がガバッシュら生き延びた収容者たちにイヌやロバ、ネコなどのまねをさせ、正しくほえたり鳴いたりできない者を殴打した。

軍の病院で、ガバッシュは、鎮痛剤がほしいと乞う手や足の切断手術を受けた患者の顔を看護師が殴るのを目撃したと語った。他の監獄では、彼が数えたところ、病気や拷問、放置などで1カ月に19人の収容者が死亡した。

「私はラッキーな一人だった」とガバッシュは言う。ある裁判官が賄賂を受け取って彼を解放するまでの19カ月間、拘禁生活を生き抜いたのだ。

Muhannad Ghabbash, left, with his colleagues at an organization for refugees, in Gaziantep, Turkey, Jan. 23, 2019. “I was among the lucky," said Ghabbash, who survived 19 months in Syrian detention until a judge was bribed to free him. Hundreds of thousands of Syrians have been locked away in filthy prisons where thousands were tortured to death — and the pace of arrests and executions is accelerating. (Laura Boushnak/The New York Times)
シリア各地の監獄など拘束施設に計19カ月収容されていたムハンナド・ガバッシュ(左)。現在はトルコのガジアンテップでシリア難民の支援活動をしている=2019年1月23日、Laura Boushnak/©2019 The New York Times

シリア大統領のバッシャール・アサドは8年間におよぶ反政府勢力との戦いに勝利を収めつつあるが、それには恣意(しい)的な身柄拘束や拷問監獄という秘密の大掛かりなシステムが重要な役割を果たしてきた。ロシアやイランの後ろ盾を得たシリア軍は、領土の支配を争って反政府武装勢力と戦闘を展開、政府は市民を相手に無慈悲な戦いを繰り広げ、何十万もの人びとを不潔な牢獄に送り込んだ。そこでは多くの人が拷問され、殺害された。

最も厳格な集計記録を保持している独立した監視組織「シリア人権ネットワーク(SNHR)」によると、12万8千人近くが監獄から未帰還だが、すでに殺されたか現在も収監されているとみられる。1万4千人近くは「拷問で殺害」された。多くの囚人が非常に凄惨(せいさん)な状況下で死亡しており、国連の調査はそれを「extermination(駆除)」と表現している。

現在、戦争は下火になり、世界の注目は薄れ、シリアとの関係を正常化する国々が出始めているが、新たな身柄の拘束、拷問、処刑のペースは加速している。身柄を拘束されている人たちは最近、処刑場があるSaydnaya刑務所に何百人もが送り込まれているとの情報をこっそり外部に伝えてきた。また、新たに解放された拘束者たちの報告によると、そこでの殺害が加速しているという。

シリア政府は組織的な虐待を否定してきた。しかし、新たに見つかった政府のメモは、大統領のアサドに直接報告する立場にあるシリア当局者が大量拘束を命じ、残虐行為を承知していることを示している。

非営利団体「Commission for International Justice and Accountability(CIJA)=国際正義説明責任委員会」とともに活動する戦争犯罪捜査担当者たちは、厳重な取り締まりを命令し、拘束者の死亡について討議する政府メモを見つけた。このメモには、アサドに直接結びついている組織「中央危機管理委員会(CCMC)」のメンバーを含む治安当局の最高幹部たちの署名があった。

ある軍事情報のメモは、拷問や不潔な状態による死亡を承認している。別のメモには拘束者の死亡についての報告があり、その何人かは、後日、軍警察の離反者がこっそり持ち出した死体の写真で確認された。二つのメモは、特定の拘束者に対する「過酷な」扱いを正当として了承しているのだ。軍の情報部長ラフィク・シェハデからのメモは、治安担当者の「司法免責」を確保する措置をとるよう将校に命じている。

アサドは2016年のインタビューで、生存者や行方不明者の家族の(主張の)真実性に疑問を投げかけていた。何らかの虐待があったとしても、それは戦争では避けることができないごくたまに起こる間違いだとアサドは語っていた。

FILE -- A poster of President Bashar Assad in Damascus, Syria, on May 11, 2007. The Syrian government has denied the existence of systematic abuse. However, newly discovered government memos show that Syrian officials who report directly to Assad ordered mass detentions and knew of atrocities. (John Wreford/The New York Times)
シリア大統領バッシャール・アサドのポスター。アサド政権は組織的な虐待を否定している=2007年5月11日、John Wreford/©2019 The New York Times

ニューヨーク・タイムズは過去7年間にわたり、生存者や死者・行方不明者の関係者たちを何十人もインタビューし、政府の書類や何百ページにもおよぶ証人の証言を取材してきた。生存者たちの話は同じ監獄に収容されていた人たちの話と一致しており、政府のメモやシリアの監獄から内々に持ち出された写真などで裏付けられている。

近いうち、シリアの高官たちに説明責任を負わせることはほとんど期待薄だ。しかし、欧州の裁判所を通して正義を求める動きが進んでいる。フランスとドイツの検察官は、自国の市民や住民が獄中で拷問されたり殺害されたりしたとして、3人の元治安当局者を逮捕し、シリアの国家安全保障長官アリ・マムローク、空軍情報部長ジャミル・ハッサンらを国際手配した。

しかしながら、アサドや彼の補佐官たちは依然として権力の座にあり、身柄拘束を免れ、軍事力を持ち国連安保理での拒否権を握るロシアに守られている。アラブ諸国はシリアとの関係を回復しつつあり、欧州の国々もそれに続くことを検討している。

拡大するグラーグ(政治犯の強制収容所)

それは2011年3月のことだった。大統領アサドに批判的な落書きをしたことで10代の若者たちが拘束され拷問を受けた。これを契機に、シリアの人々もアラブの国々に広がっていた反乱に加わっていく。若者たちが受けた扱いに対する抗議デモは彼らの故郷Daraaから拡散し、さらに多くが逮捕され、それがまた抗議行動を駆り立てた。

シリア各地で拘束された多くの人たちはSaydnaya刑務所で反体制派と合流した。新たに拘束された人たちには「ゴミの収集人や農民、エンジニア、医師ら、あらゆる階層のシリア人たち」がいたとリアド・アブラは言う。彼はトルコ市民だが、19歳の学生だった1996年、刑務所での虐殺についてシリア人にインタビューしたことで逮捕され、20年間投獄されていた。

拷問が増えたと彼は言う。(監獄の)新参者は性的暴行を受け、性器を殴打され、お互いの殴り合いや殺害を強制された。

A photo of Riyad Avlar, saved on his phone, showing him at age 18, at his office in Gaziantep, Turkey, Jan. 24, 2019. Avlar was imprisoned in Syria for 20 years after being arrested as a 19-year-old student for interviewing Syrians about a prison massacre. Hundreds of thousands of Syrians have been locked away in filthy prisons where thousands were tortured to death — and the pace of arrests and executions is accelerating. (Laura Boushnak/The New York Times)
学生だった19歳の時、身柄を拘束され、以来20年間、シリアで投獄されていたリアド・アブラの写真。この写真は18歳の時に写したもので、携帯電話に保存していた=2019年1月24日、Laura Boushnak/©2019 The New York Times

何人のシリア人がこのシステムを通り抜けたのか、誰にも分からない。複数の人権団体は数十万人から100万人と推計している。SNHRはこの制度下での現在の拘束者数を12万7916人とみているが、たぶん実際の数よりも少ない。この数字は、拘束者の家族や他の証人たちによって報告されたものだが、これにはその後に解放されたり死亡が確認されたりしたケースは含まれていない。

政府が秘密にしているため、拘禁中に何人が死亡したかは誰にも分からないが、数千人の死者についてはメモや写真の形で記録がある。元軍警察幹部のCaesar(安全のため、本名は明かしていない)は少なくとも6700人の遺体の写真をシリアから持ち出した。骨がやせ細り、殴打の痕が残る遺体の写真が2014年に明るみに出て世界に衝撃を与えた。

拷問ツアー

アレッポ出身で、抗議行動を組織したガバッシュは少なくとも12の施設で拷問を受けながらも生き抜いたから、このシステムの「ツアーガイド」になれたと彼は言う。彼の長旅は2011年に始まった。当時22歳だった。

ガバッシュは、一連の軍事施設や一般情報施設でつり下げられ、殴られ、ムチで打たれたと言う。2012年3月には、ダマスカスの富裕層が暮らす近隣地区名にちなんだMezze空軍基地に移送された。

彼やその他多くの生存者の話によると、当時すでに監獄間には大掛かりな輸送システムができていた。拘束者たちは移送の度に拷問を受けた。通常は動物の肉を運ぶトラックに乗せられ、肉をつるすフックに鎖でつながれて何時間も移動させられた体験を振り返る人もいた。ガバッシュが新たに収容されたのは典型的な獄房だった。12フィート(約3.65メートル)、9フィート(約2.74メートル)の獄房で、いつもぎゅうぎゅう詰めだから、そこでは交代で眠るしかなかった。

獄房の外の廊下で、ある男性が目隠しをされ、手錠をかけられていた。その人物は、人権弁護士のダーウィッシュだった。彼は、公正な裁判を保証するよう判事たちを相手に講義する選び抜かれた弁護士だった。

彼は後日、自分が受けた罰を苦々しく数え上げた。「裸、水なし、睡眠なし、自分の尿を飲まされた」と。

FILE -- Mansour Omari, who said he was imprisoned in Syria for human rights work, with a cloth scrap containing detainees
人権擁護活動をしていて投獄されたマンスール・オマリがシリアから国外に持ち出した服の切れ端には、監獄に入れられている人たちの名前が血で書かれていた=2017年8月8日、Lexey Swall/©2019 The New York Times

監獄の外で反政府勢力が前進するにつれ、監獄での拷問はますます残虐になり、ゆがんでいき、政府の軍用機は反抗的な地域を爆撃した。生き延びた人たちは、レイプ、即決の処刑、傷や病気の手当てをしないまま拘束者たちを死に追いやる残酷な扱いについて証言した。

数週間後、あるいは数カ月後、多くの拘束者は弁護士もつけられず、ほんの数分間だけの名ばかりの裁判を受けた。ガバッシュの場合がその典型だった。彼は2012年に「軍法会議」で、判事が彼の罪状について「公共財産を破壊したテロ」とすらすら述べるのを聞いた。判決は死刑だった。

「裁判は開始から終了まで1分半だった」と彼は言う。

彼は、当時すでに大量処刑の中心地になっていたSaydnaya刑務所に移送されると思っていた。国際人権NGO「アムネスティ・インターナショナル」の報告書によると、そこでは即決裁判で数千人が絞首刑にされていた。

「分かった、もう終わりだ」。ガバッシュは、当時の思いをそう振り返った。だが、実際は違った。彼はもう1年、殴打に耐える毎日を送ることになる。

刑期の最後は、ダマスカス近郊の地下深くにある間に合わせの監獄で過ごした。そこはアサドの弟マーヘルが支配下に置く地区で、精鋭の第4師団の軍用貯蔵庫がある。

「ただ拷問のための拷問だった」とダーウィッシュは言う。ガバッシュと同じ監獄に移送されていた彼は、こう続けた。「復讐(ふくしゅう)のため、殺害するため、人びとを壊すために」

「私たちを忘れないでほしい」

シリアの内戦は政治的な解決ができていない。和平協議が行き詰まったことで、ロシアは西側諸国に対し、改革は先延ばしのままでもとにかく復興に向けての正常化と資金提供を求めている。行方不明になっている拘束者たちの何百万人もの親族は、社会的にも心理的にも中途半端な状態に置かれている。夫の死亡証明書がなければ、再婚することもできない。子どもたちは財産を相続することもできない。

シリア、レバノン、トルコ、ヨルダン、ドイツ、フランス、スウェーデン、さらにその先へと、家族や生存者たちは移動している。ガバッシュも2013年に解放された後、トルコのガジアンテップに行った。そこで彼は、シリアで反政府勢力が支配下に置く最後に残った領域から逃れてきた女性難民たちの人権擁護と援助のプログラムを運営している。

一方、ダーウィッシュは不眠症と閉所恐怖症に苦しみながらも、シリア当局者に説明責任を果たさせるための仕事を続けている。彼は最近、フランスの法廷での審問に立ち、Mezzeの監獄でシリア系フランス人の父親と息子が死亡したケースについて証言した。その証言は、フランスの検察官が、シリアの治安当局の最高幹部マムロークや空軍情報部長のハッサン、Mezze刑務所の所長の逮捕状をとるのに役立った。マムロークは欧州に行けば逮捕される。

刑事訴追の脅しこそが、拘束者の救出に残された唯一の手段だとダーウィッシュは言う。

「それは活力を与えてくれる。だが、責任も重い」とダーウィッシュ。彼はこう続けた。「これで命を救える。何人かは私の友人だ。私が監獄から解放される時、彼らは私に『自分たちのことを忘れないでほしい』と言っていた」(抄訳)

(Anne Barnard)©2019 The New York Times

ニューヨーク・タイムズ紙が編集する週末版英字新聞の購読はこちらから