1. HOME
  2. LifeStyle
  3. 韓国コメディー映画「極限職業」 早くも観客数1300万人に

韓国コメディー映画「極限職業」 早くも観客数1300万人に

現地発 韓国エンタメ事情
「極限職業」で、チキン屋で張り込みをする麻薬捜査班(CJエンターテインメント提供)

韓国映画で大ヒットと言えば、国内観客数1000万人だ。2012年以降、毎年1、2本が1000万人を突破している。人口約5千万人の国で、いかに多くの人が劇場に足を運んでいるか、とも言えるが、観客が限られた作品に集中しているということでもある。コメディー映画「極限職業」への集中ぶりは、異様だった。1月23日公開後、わずか半月で1000万人を超えた。

公開翌日、私は韓国の映画関係者との飲み会の席にいた。「極限職業」の話題になると、「700万人は確実に超える」との予測が大半だった。製作費65億ウォン(約6億5千万円)という規模を考えると、700万人でも大成功だ。そんな中、「あの、チキンを売る映画で700万も?」との声が上がった。この時点で私は作品を見ていなかったが、「極限職業って何かと思ったら、チキン売る映画だったのか…」と、思った。見たら、まさにそうだった。

「極限職業」のポスター(CJエンターテインメント提供)

主人公らは警察の麻薬捜査班だが、犯人とみられる組織の動向を見張ろうと、売れないフライドチキン屋で張り込んでいたところ、チキン屋そのものが売りに出されることに。仕方なく店を買い取って、チキン屋を装って張り込みを続けていたら、これまで来なかった客が、来るわ来るわ。本業そっちのけで、チキン屋が大流行という話。

「極限職業」は、コメディーに徹したコメディーだ。監督はイ・ビョンホン。と言っても、日本でも知られる韓流スターのイ・ビョンホンではない。が、俳優かと思うほどのイケメンでもある。「二十歳」「風風風」などの監督で、いずれもコメディーだ。

リュ・スンリョン、イ・ハニら俳優陣には、トップ級の人気俳優はいない。ただただ「笑える映画」という理由の大ヒットだ。それだけ今、韓国では笑いが求められているのかもしれない。韓国の大手新聞の文化記者は「経済の低迷が続き、出口の見えない憂鬱な雰囲気が漂う中で、笑いが求められている。家で一人で見て笑うよりも、劇場で多くの人と一緒に笑いたいのが韓国人」と、大ヒットの背景を分析する。劇場ではできるだけおとなしく見る日本人とはちょっと違う。「極限職業」の上映中、劇場は終始笑いの渦で、私も声を上げて笑いまくった。すっきりしたのは確かだ。

運が良かったのは、他にライバルのない中での公開となり、その10日後には、旧正月の5連休を迎えた。1000万人に達したのは連休最終日の2月6日だった。その後もスコアは伸び続け、2月11日現在、約1300万人を記録している。

「極限職業」で、チキンを調理する麻薬捜査班のメンバー(CJエンターテインメント提供)

ところで、なんでチキンなのかと思う日本の方も多いのでは。韓国ではチキンは日常食だ。毎食のように出てくるキムチほどではないが、ピビンパや焼き肉よりもよっぽどよく食べる。特にビール(韓国でメクチュ)と一緒に食べるのが大好きで、「今日はチメク(チキン&メクチュの略)行こう」というのは、日本で居酒屋に行くのと同じような感覚だ。

「極限職業」の笑いのポイントも、チキンにあった。韓国でチキンと言えば、大きく2種類。フライドチキンか、ヤンニョムチキンだ。ヤンニョムチキンというのは、ピリ辛味のたれがかかったチキン。注文を受けたはいいが、たれのレシピを麻薬捜査班の誰も知らない。水原(スウォン)出身の一人が、「これなら作れる」と言って作ったのが、カルビのたれ。水原といえば、カルビが有名だ。ということで発明されたカルビのたれのかかったヤンニョムチキンが、まさかの大ヒットとなる。

「極限職業」も、まさかの大ヒットだ。見た人の多くは「おもしろいのはおもしろいけど、1000万超えるほど?」という感想。これには、韓国の映画市場の事情もある。大手のシネコンは、観客数によって上映スケジュールを調整する。人気の作品のスクリーンを増やし、その他の作品はますます追いやられるという「弱肉強食」のシステムとなっている。スクリーンはいっぱいあるのに限られた作品が独占するという状況は、私のような色んな映画が見たい映画ファンは不満だ。映画界からも問題視する声はあがっているが、なかなか改善されない。1000万映画の誕生は喜ばしいが、興行の成功と失敗の両極化がますます進みそうで、ちょっと心配でもある。