1. HOME
  2. Travel
  3. 「まるで雪のよう」白のジャカランダも満喫

「まるで雪のよう」白のジャカランダも満喫

アフリカを旅する
南アフリカ・プレトリアのハーバート・ベーカー通りで、満開になった白色のジャカランダ。奥には紫の花も咲いていた =10月13日、石原孝撮影

春を迎えた南アフリカで、今年も紫色のジャカランダの花が至る所に咲き誇っています。 昨年の同じ時期にも紹介しましたが、別のお花見ポイントを見つけようと、「ジャカランダシティー」とも呼ばれるプレトリアに何度か足を運びました。

 治安がさほど良くない南アフリカですが、「世界三大花木」と呼ばれるジャカランダを見ようと、この時期はプレトリアを訪れる旅行者の姿をよく見かけます。 大統領官邸があるユニオンビルそばでも、中国人の団体客に混じって、日本の旅行者が写真撮影を楽しんでいました。

南アフリカ・プレトリアにあるユニオンビルそばでは、中国人の旅行者たちが思い思いにジャカランダの写真撮影を楽しんでいた=10月13日、石原孝撮影

ウォータークルーフ地区のミルナー通り周辺では、手狭な道路の両脇からジャカランダの木が中央に伸び、紫色のトンネルをくぐったような気分に浸れました。一方、昨年紹介したレストラン「ハリーズパンケーキ」そばでは、別の木が周りに植えられてしまい、見栄え的に少し残念な感じになっていました。

日本大使館からほど近くにあるハーバート・ベーカー通りでは、白色のジャカランダが満喫できます。知人に場所を教えてもらって現地に向かうと、満開に咲いた花びらが辺りに散り始めていました。居合わせた白人の女性に「美しいですね」と声をかけると、「本当にゴージャス。まるで雪のようね」と笑みを浮かべていました。

南アフリカ・プレトリアのハーバート・ベーカー通りで、満開になった白色のジャカランダ。住宅街にあるので、長居はせずに楽しむのが良さそう =10月13日、石原孝撮影