1. HOME
  2. World Now
  3. 中国でスター犬のクローン誕生、費用は620万円以上

中国でスター犬のクローン誕生、費用は620万円以上

World Now
飼い主のフー・ジュンさん(中央)、果汁(左、9歳)とそのクローン犬(右、2カ月)。11月26日撮影(2018年 ロイター/JASON LEE)

[北京 17日 ロイター] - 中国でペットのクローン作成に関心を示す飼い主が増えており、映画やテレビに多数出演しているスター犬「果汁」のクローンが誕生した。

9歳雑種の果汁は、小さい頃に去勢手術を受けたため子どもを残すことはできない。だが、北京に住む動物トレーナーの飼い主フー・ジュンさんは、クローンによりその姿を長く残そうと考えた。

「果汁自身が、社会的影響力を持つ知的財産」と主張するフーさんは、国内で初めてペットのクローン作成サービスを手がけた北京希諾穀生物科技(シノジーン)を訪問した。費用は少なくとも38万元(約621万円)必要だという。

研究所では、果汁の下腹部から採取した皮膚のサンプルからDNAを取り出し、未受精卵に移植。これをビーグル犬の代理母に移植し、9月半ばにクローンの子犬が生まれた。

シノジーンのMi Jidong最高経営責任者(CEO)は、遺伝子編集も含め事業拡大を計画しているといい、「もっと長い間ペットと一緒にいたいと望む飼い主が増えている」と述べた。

中国では西欧諸国ほど規制が厳しくないことから、バイオテクノロジー産業が急速に拡大中。上海の研究所では今年、世界初のサルのクローンが2匹誕生した。

フーさんはまだ、子犬をショービジネスに関わらせてはいないものの、素質はあると主張。「果汁を超えるかもしれない」と期待している。

           Copyright Reuters 2018 記事の無断転用を禁じます