1. HOME
  2. 筆者・カメラマン
  3. 浅井晶子の記事

浅井晶子の記事


浅井晶子
浅井晶子 1998年よりベルリン在住。最近の訳書にローベルト・ゼーターラー『ある一生』、エマヌエル・ベルクマン『トリック』(ともに新潮社)、ユーディト・W・タシュラー『国語教師』(集英社)など。趣味は翻訳ミステリーを読むこと。5月にタシュラー最新作『誕生日パーティー』が集英社から刊行予定。