1. HOME
  2. LifeStyle
  3. 【しあわせのパン】疲れてしまった心を癒やそう。北海道の湖畔のパンカフェで

【しあわせのパン】疲れてしまった心を癒やそう。北海道の湖畔のパンカフェで

働くあなたへ シネマサプリ

■なぜ多くの日本女性は、他人と比べるの?

お便りを読みました。

バイタリティすごいですね!

留学できるくらいの資金を数年でためられる人なんて、あまりいないですよ。

つい使ってしまいます。

でもその目標と、将来のやりたいことにつながるこの留学がコロナのせいでダメに……。

たぶん同じように、やろうと思ったことがコロナのせいでダメになった方、いっぱいいますね。

毎日コロナを恨みたい!

実は世界のみんなに関係してくることですよね。

文句を言ってる方も多いけど、それでもがむしゃらに働いている人もいます。

今まで一生懸命働いたからこそ、「ヨ〜シ今からだ!」とジャンプ台に立ってしまったからこそ、ガッカリ度が大きい。

でもね、わたしも同じ立場。

周りの友達も。

でも、お便りに書いてあったように、みんな夢を叶えてますよね。

もちろん向かっているところは違う。

だから余計に喪失感を感じているかもしれないけど、なんで日本の女性の多くは、人と比べるのかしら?

これはどこで相談を受けても毎回思うことです。

「周りの友達は〜」って必ず書いてあります。

自分のことを相談したいんですよね?

1つの例として書いてくれたと思いますが、もう人と比べないで下さい。

日本の女性の多くは人を見て、そこと比べて、自分が不幸だと決めつけることが多い。

海外にそのうち行くならなおさら、それを言っちゃうと、外国人は「は?」と。

わたしはよく“夢を叶えられる人”と言われます。

「前回お会いした時に○○に挑戦したいと言ってましたが、見事にやりましたね!」と。

もちろんわたしは目標を叶えたい。

でもそこがうまくいかなくても、わたしは必ず“プランB”を用意してます。

いや、プランC、プランDまで(笑)

だって、物事なんて思うようにいかない。

思い通りにいったら“スーパーラッキー”ですよ!

まず、26歳で留学しようと思ったら、正直言って30歳でも変わらない。

ここからがむしゃらにまた働いて(←前のあなたにはできたからね)、夢が叶った時に予想より少し良い場所に住めるかも。

買いたいものも買える。

だから惨めな思いをしなくていい。

これは最高に良いこと。

どちらの国に行こうとしたか分からないけど、アメリカで貧しい経験なんて一番嫌です。

わたしは経験済み!

神様がもう1度、今までよりゆっくりプランニングして、将来の夢を確実に一歩一歩描くように言ってくれてるのかも。

次の仕事が見つからないのは、選んでるからです。

これはいつも言ってること。

覚悟とやる気があれば、仕事はあります。

■人々が北海道の小さなパンカフェを訪れる理由

そう、その“やる気”をなくしてしまったんですよね。

これは脳と体の連携がうまくいかなくなった証拠。

わたしもたまに「テレビを見てポテトチップスを食べた〜い! なにもしたくない!」と思うこともある。

そんな時は嫌々、本当に嫌々、ジムに行く(笑)

「無理〜」と心の底から思うけど、体を動かすと元気になります。

これはみんなが言うこと。

そして朝日を浴びること。

脳内が活性化されます。

そして『しあわせのパン』を観(み)ること!

「しあわせのパン」から
©2011「しあわせのパン」製作委員会

今回の作品は癒やしの旅。

なんでこれにしたかというと、劇場公開時にこう思いました。

「いま疲れている人がこれを観たら、北海道に引っ越してしまうのでは?」と。

たぶん番組で紹介した時にも言った気がします。

この映画には、ゆっくりとした時間が流れます。

「どうやってここを見つけた?」と聞きたくなるような、静かな場所に建つ一軒家。

北海道の洞爺湖で小さなパンカフェを営む夫婦、水縞尚(みずしま・なお)と、りえが主人公。

おいしいパンと煎(い)りたてのコーヒーを作る夫婦が、来たお客さんの脳と心と胃袋を満たしていく。

「しあわせのパン」から
©2011「しあわせのパン」製作委員会

毎日来る人もいれば、都会に疲れてしまった人も。

彼氏にフラれた香織が来て、愚痴ばかり言って、ワインを飲み過ぎて酔っ払って……でも温かい心を持った人に救われる。

小さな女の子も、親の離婚で心のバランスを崩してしまい、お父さんとの生活で孤独を感じ、お母さんが以前作ってくれた料理が恋しくて恋しくて……。

でもある出来事から、彼女は1つ理解することができる。

そして、まるで心が入れ替わったかのように笑顔になる。

老夫婦の話もあったり、「今は焦らないで」というメッセージが一番必要かも。

「いろいろあるけど、正しいところに目を向けてね」と。

やることはいっぱい。さぁ、忙しいぞ!
この映画の夫婦のように、いろんな話を聞いてくれる友達はいますか?

おしゃべりをするのも、とっても大事なこと。

自分の中に閉じこめないこと。

このパンカフェを営む水縞夫妻を、大泉洋さんと原田知世さんが演じてます。

原田さんはテレビCMでも癒やしの存在になってます。

そして大泉さんはこの映画で、コミカルなところを封印。

「しあわせのパン」から
©2011「しあわせのパン」製作委員会

わたしもこの夫婦に会いたいと思います。

静かに見守ってくれて、迷惑をかけてもそれに対して何も言わない。

いつも柔らかな笑顔。

それは「ここに来る人がなんらかの理由で疲れている」と理解しているからです。

そして最後には、彼らにももしかしていろいろあって、都会を離れた理由があったかも、というハートウォーミングなエンディング。

「しあわせのパン」から
©2011「しあわせのパン」製作委員会

あなたにはまず、不安症をなくすことが大事です。

海外だと助けてくれない可能性があります。

治す時間をもらったと、プラスに考えて下さいね。

多くの方は「もう昔のようには頑張れない」と言うけど、それはやってないから。

わたしは20歳の時みたいにできます。

51だけど。

若干鈍臭くなったかもしれないけど(笑)

でも毎日小さな“良いこと”を貯金してます。

そこから見えてくる自分の人生像。

だからまず、友達にいろいろ話してみて。

仕事を与えてくれる人もいるかもしれない。

そして将来へのビジョンをさらに描ける余裕をもらったと考えて。

素敵な映画で心を癒やして、不安症を少しでも取り除くこと。

体を動かす、陽(ひ)に当たる!

さぁ、忙しいぞ。

自分の人生は自分で素敵に演出してね。

「しあわせのパン」
しあわせのパン DVD&Blu-ray発売中 DVD:5,280円/Blu-ray:6,380円(税込) 発売元:アスミック・エース、オフィスキュー 販売元:アミューズソフト ©2011「しあわせのパン」製作委員会

(朝日新聞社の経済メディア『bizble』から転載しました)