1. HOME
  2. World Now
  3. コロナで閉鎖のブロードウェイがようやく再開 新作苦境、客足戻らず…ギリギリ状態

コロナで閉鎖のブロードウェイがようやく再開 新作苦境、客足戻らず…ギリギリ状態

World Now
ブロードウェイを代表するミュージカル「オペラ座の怪人」の上演復活に向け、ファントムの衣装合わせをする俳優のベン・クロフォードさん。新型コロナウイルス感染防止のため、マスクを着用したままの作業になった=9月3日、ニューヨーク・マンハッタンにあるマジェスティック劇場、ロイター
ブロードウェイを代表するミュージカル「オペラ座の怪人」の上演復活に向け、ファントムの衣装合わせをする俳優のベン・クロフォードさん。新型コロナウイルス感染防止のため、マスクを着用したままの作業になった=9月3日、ニューヨーク・マンハッタンにあるマジェスティック劇場、ロイター

「Broadway is back!(ブロードウェイが戻ってきた!)」

9月以降、ニューヨークでは何度もこの言葉を聞いている。2020年3月、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて全てストップしていた、ブロードウェイのミュージカルや演劇が再開しているのだ。

劇場内でも興奮が伝わってくる。ミュージカル「ハミルトン」が再開してから数日後の公演では、新たな役者が舞台に登場するたびに、それだけで歓声が上がった。

観客とやり取りをしながら即興でラップを展開する「フリースタイル・ラブ・シュプリーム」で、役者が「再開して、最初のショーの人はどれくらい?」と問いかけると、大きな拍手が起きた。

ブロードウェがこれだけ長く閉鎖された例は過去にない。第2次世界大戦のさなかでも公演は続き、世界貿易センタービルが崩落した2001年9月11日のテロの後も、「逆境の中での強さ」を示すため、わずか2日後に再開した。

2012年にハリケーン「サンディー」がニューヨークを襲い、市内が広範囲にわたって停電するなどした際も停止は数日だった。

それだけに、公演再開はニューヨークにとって大きな意味がある。加えて、ブロードウェの存在の大きさも影響している。

近年は観客数も売り上げも右肩上がりが続いてきた。2011年のシーズンは観客が約1233万人、売り上げが約11億3900万ドルだったのに対し、2018年のシーズンは観客が約1477万人、売り上げが約18億2900万ドルまで伸びた。

業界団体「ブロードウェ・リーグ」によると、2018年のシーズンの観客数はニューヨーク周辺に本拠地を持つ10のプロスポーツチームの合計よりも多い。

周辺のレストランやホテルへの波及効果も大きく、チケット売り上げ以外の経済効果は147億ドルに上ると試算されている。まさに、ニューヨークの観光のエンジンなのだ。

新型コロナウイルス感染拡大のため長期間にわたって閉鎖されていたリチャード・ロジャース劇場が再開し、ミュージカル「ハミルトン」の復帰公演を喜ぶマスク姿の観客ら=9月14日、ニューヨーク・マンハッタン、ロイター
新型コロナウイルス感染拡大のため長期間にわたって閉鎖されていたリチャード・ロジャース劇場が再開し、ミュージカル「ハミルトン」の復帰公演を喜ぶマスク姿の観客ら=9月14日、ニューヨーク・マンハッタン、ロイター

だが、肝心の観客が来なければ、このエンジンも回らない。「ブロードウェが戻ってきた!」というキャッチフレーズは、「見に来てください!」というアピールでもある。

この思いは、9月26日にあったトニー賞授賞式にも現れていた。

その年にブロードウェで始まった舞台を対象とするトニー賞は、アカデミー賞(映画)、グラミー賞(音楽)、エミー賞(テレビ)と並んで、アメリカのエンターテインメントの4大アワードとされている。だが、例年はアワード争いに注目が集まるのに対し、今年はまるで違っていた。

まず、公演が2020年3月から中断したことで対象作品が減ってしまった。新作ミュージカルの作品賞にノミネートされたのは3公演だけで、ミュージカルの主演男優賞にいたっては候補が1人しかいなかった。

さらにパンデミックによって、2020年6月に予定されていた授賞式も1年以上遅れての開催となった。いつもであれば授賞式前後にブロードウェが盛り上がり、候補作や受賞作にとっては格好の宣伝となる。だが、今回は既に終了した作品や、まだ再開していない作品もあった。

それもあって、トニー賞の主催者も最初から、例年のような授賞式を考えていなかったようだ。2部構成とし、大半の賞は、ストリーミングサービスだけで放送された第1部で発表された。

対照的に、テレビ放送された第2部ではノミネートされた作品だけでなく、過去の人気作のデュエットなども披露し、エンターテインメントの要素を強調していた。番組を通じて、ブロードウェの復活を全米に宣伝しようという狙いは明らかだった。

ただ、コロナで遠のいた観光客は、一夜にして戻ってくるわけではない。

ブロードウェ・リーグはこれまで、各公演の売り上げの詳細を毎週、公表してきた。現在は公演ごとの詳細は公表していないが、10月最終週は全体で定員の78%が入っていたという。

ブロードウェでプロデューサーとして活躍し、ミュージカル「キンキー・ブーツ」ではトニー賞の作品賞を受賞した川名康浩さんによると、公演が黒字となって続くためには、定員の75%が一つのラインとされている。いってみれば、現在はブロードウェー全体がギリギリの状態なのだ。

客足の少なさはチケット販売にも現れている。ニューヨークの中心のタイムズスクエアにある、ブロードウェの当日券が割引で購入できる「TKTS」というボックスでは、通常であれば割引の対象にならないような人気作品が出ている。ネットの転売サイトでも、正規価格を下回る値段のチケットを見ることが珍しくない。

まだ客足が戻らない大きな要因はコロナへの不安だろう。観客は全員、マスク着用が義務づけられ、大人はワクチン接種の証明、ワクチンを接種できない子どもは陰性証明を求められるが、劇場の中はやはり密集空間だ。実際、公演の途中で後ろの席の人がせき込むと、思わず身構えてしまう。

海外からの観光客が途切れていることもある。米国は欧州の多くの国の市民について、直接入国することを長く制限してきた。11月8日になって、ワクチン接種を条件に入国が再開されたが、まだ本格的な回復には遠い。

これから年末年始を控えていることも、観光客の足に影響していそうだ。この先も当面はブロードウェ公演にとって厳しい状況となりそうだ。

新型コロナウイルスの影響で人出が激減した劇場街ブロードウェイ=2020年10月、ニューヨーク・マンハッタン
新型コロナウイルスの影響で人出が激減した劇場街ブロードウェイ=2020年10月、ニューヨーク・マンハッタン

影響を特に受けるのは、新作の公演だ。ロングランを続けていたヒット作であれば、これまで積み重ねてきた蓄えがあり、観光客の人数が限られていても、一定の入場者を見込むことができる。ただ、新作はそうもいかない。既に、来年1月まで上演予定だった演劇公演が2本、11月中に終わることが決まった。

パンデミック前から計画されていた新作の上演も、すんなり行くとは限らない。川名さんによると、ブロードウェが停止していた1年半の間に、役者がニューヨークを離れたり、テレビの仕事に回ったりした例も多いという。限られた稽古場の確保なども課題となる。

だが、新作が出ないと、本当の活気は生まれない。ブロードウェは例年であれば、40前後の新作が公開される。短い公演期間で終わる作品も多いが、この中から一部がヒット作となり、トニー賞を受賞したり、ロングランになったりする。競争の中で、「新陳代謝」が起きていくともいえる。

そして、影響はニューヨークにとどまらない。ブロードウェでヒットとなった作品が全米、さらには全世界へと広がっていくためだ。

本当にブロードウェが戻ってくるまでは、まだしばらくかかりそうだ。改めて、パンデミックの影響の大きさを感じている。