1. HOME
  2. 特集
  3. 天才の育て方
  4. 若き天才候補はこうして生まれた 子育てで母が息子に伝えたことは

若き天才候補はこうして生まれた 子育てで母が息子に伝えたことは

World Now
コペンハーゲンでの姫岡優介 Photo: Ota Hiroyuki

あらゆる生命に共通する法則を求めて

姫岡優介(27)。

姫岡の研究対象は「生物」だ。だが、5月に彼の研究室を訪ねると、そこには試験管も実験動物も見当たらず、姫岡自身はノート代わりのタブレットで、数式と格闘していた。「僕が専攻する『普遍生物学』は、生まれたばかりで大きな可能性が広がる『ブルーオーシャン』。やりたいことが山ほどある」

現代の主流である分子生物学は、再生医療など大きな成果を上げてきた。しかし、生物の中で起きる化学反応は極めて複雑で、調べてもきりがない。「生命の謎が分かった!」という実感を得るには、複雑さの背後に存在する「生命現象の法則」を、物理学や数学を駆使して追う方が有効ではないか。

普遍生物学は、そんな問題意識から生まれた。姫岡の恩師、東京大学大学院教授の金子邦彦(61)によれば、目標は「地球外生命にも当てはまるほどの普遍性を持つ、生命理論の構築」だ。

「天才」アインシュタインやボーアの出発点は「世界の謎を解く」という純粋な探求心だった。その成果は、私たちの宇宙観を変え、情報技術(IT)の発展につながった。姫岡が普遍生物学に取り組むのも、「自分とは何か」「生きるとはどういうことか」という切実な問いの答えを探すためだ。

 子どもの「なぜ?」に必ず耳を傾けた母

 3月、コペンハーゲン行きの飛行機が出発する直前、姫岡は母親の中原浩子(56)にラインでメッセージを送った。「あなたの子どもで幸せでした」。幼い頃から彼の小さな問いかけを受け止め、守り育ててくれたからだ。

姫岡優介が1歳の頃、最初に覚えた言葉の一つが「アッカ(赤)」だった。「アッカ、アッカ」と言いながら、庭に落ちた南天の実をずっと探し続けていた=中原浩子提供

浩子は姫岡について「砂場でいつまでも砂をいじり、自分の手をじっと見ている子どもでした」と振り返る。

「なぜ?」という問いかけがあると、浩子は必ず家事の手を休めて耳を傾けた。「後でね」と言った瞬間、子どもの「知りたい」という好奇心を殺してしまうと考えたからだ。2歳の姫岡に「雪ってなぜ降るの」と問われれば、「空気中の水分が、高い所で冷やされて、氷になり落ちてくるから」ときちんと教えた。

理屈っぽく、大人びた子に育った姫岡は、周囲の子どもから浮いていた。小学校ではいじめにあった。「なんで生きているんだろう」。幼心にそう思い詰めた。

浩子も「自分の子育てが原因かも」と思い悩んだが、「20歳になった時に自分の人生を自分で切り開くような人間に育てるのが私の仕事だ」と考え、教育方針は変えなかった。

姫岡の母、中原浩子=山形県酒田市で Photo: Ota Hiroyuki

有名私立中への進学も考えたが、最終的に選んだのは、千葉県木更津市の私立中高一貫校「暁星国際学園・ヨハネ研究の森コース(研究の森)」だった。

山中にある全寮制学校は、6学年合わせて生徒数50100人程度。教科書は使わず、討論形式の授業で「進化論」「地球温暖化」などの大テーマを