1. HOME
  2. BRAND
  3. オーストラリア政府観光局
  4. 久々の海外旅行はオーストラリアへ 絶景スポット10選

久々の海外旅行はオーストラリアへ 絶景スポット10選

Sponsored by オーストラリア政府観光局
カンガルー島のリマーカブル・ロックス©Julie Fletcher

1.列車に乗って滝を間近に ケアンズ地域の熱帯雨林

まずはオーストラリア東海岸から。グレート・バリア・リーフの玄関口、ケアンズ地域の熱帯雨林です。ケアンズから北西に約25キロ、世界で最古とも言われる熱帯雨林にあるリゾート地・キュランダ村には、ぜひ列車で。キュランダ高原列車は、熱帯雨林の間を走りながら、渓谷を流れ落ちる壮大な滝を間近で楽しめます。また、スカイレール・レインフォレスト・ケーブルウェイに乗れば、熱帯雨林を上から眺めることもできます。ケアンズからの日帰り旅行にぴったりです。

熱帯雨林の間を走るキュランダ高原列車©Kuranda Scenic Railway

2.上空から楽しむのがおすすめ ハート・リーフ

透明な青い海に浮かぶハート形のサンゴ礁、ハート・リーフはどこかで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。グレート・バリア・リーフの一部、ウイットサンデー諸島最大の島、ハミルトン島から日帰りツアーで見に行くことができます。水上飛行機やヘリコプターに乗って、上空から楽しむのがおすすめです。透明度が高く穏やかな海では、シュノーケリングやダイビングなども人気のアクティビティーです。ハミルトン島へは、シドニー、メルボルン、ブリスベン、ケアンズから直行便が出ています。

海に浮かぶハート・リーフ©Tourism Australia

3.地上270メートルからの光景は圧巻 ゴールドコーストの海岸線

次はオーストラリアを代表する観光地のひとつ、ゴールドコーストです。70キロ以上にもわたって続く海岸線を上空から見てみませんか? おすすめは、サーファーズ・パラダイスの象徴的な存在「Q1ビル」の「スカイポイント・クライム」ツアーです。地上270メートルの高さから眺める光景は圧巻で、ビルの外側を上っていくスリリングなツアーは忘れられない体験になりそうです。

地上270メートルからゴールドコーストの海岸線を眺める「スカイポイント・クライム」ツアー©Tourism Australia

4.先住民の悲しい伝説が残る奇岩も ブルー・マウンテンズ

オーストラリア最大の都市シドニーから車で約2時間、世界自然遺産に登録されている地域にあるブルー・マウンテンズに到着します。必見は、人が3人並んだように見える奇岩、スリー・シスターズです。先住民に伝わる3姉妹の悲しい伝説が残っており、エコー・ポイントの展望台から眺める自然が生み出した造形は壮観です。豊かなユーカリの森には遊歩道が整備されており、洞窟や鍾乳洞などをめぐるツアーも人気です。

ブルー・マウンテンズの眺望。左側に奇岩、スリー・シスターズが見える©David Ireland/Tourism Australia

5.山から一望する街並み キャンベラ

オーストラリアの首都キャンベラには、国立美術館や国立博物館、多くのギャラリーがあり、文化や歴史に触れることができる洗練された街です。キャンベラは20世紀初頭、デザインコンペで優勝したアメリカ人建築家による都市計画に基づいて建設された街です。中心部から車で10分ほどのエインズリー山からは、その整然とした街並みが一望できます。国会議事堂などを眺めながら、オーストラリアの歴史に思いを馳(は)せてみてはいかがでしょうか。

エインズリー山から見るキャンベラの街並み©Tourism Australia

6.海沿いに連なる奇岩 グレート・オーシャン・ロード

オーストラリア南東部、ビクトリア州の州都メルボルンから南に約90キロ。南極海に面した切り立った海岸沿いには、長い年月をかけて波に削られた柱状の石灰岩が連なります。キリスト教にちなんで、12使徒と呼ばれており、テディーズ展望台からの光景は息をのむような美しさです。近くにはギブソン・ステップと呼ばれる海岸や、岩にぶつかって沈没した船が由来となっている渓谷ロック・アッド・ゴージなど、見どころがたくさんあります。

12使徒の奇岩が楽しめるグレート・オーシャン・ロード©Visit Victoria

7.白い砂浜が描く絶景 ワイングラス・ベイ

シドニーから飛行機で約2時間、タスマニア島も外せない観光地です。なかでも人気なのは、島の東海岸にあるフレシネ国立公園の有名なビーチです。白い砂浜がワイングラスの底のような弧を描くことから、ワイングラス・ベイと名付けられました。実際、タスマニア島はワインの産地でもあるので、上質なシャルドネやピノ・ノワールなどを堪能できます。また、オーストラリアの中で、最も高い確率で見られるという南極オーロラの観賞もおすすめです。

タスマニアのワイングラス・ベイ©Jess Bonde

8.神秘的な岩は必見 カンガルー島

カンガルー島は、南オーストラリア州の州都アデレードから飛行機で30分の自然豊かな島です。風光明媚(めいび)な島としても知られ、風化でできたリマーカブル・ロックスと呼ばれる岩は神秘的な風景を生み出しています。島は、島名の由来となっているカンガルーだけでなく、野生動物の宝庫。野生イルカと泳いだり、シール・ベイのツアーでオーストラリア・アシカの群れのなかを歩いたりすれば、動物たちをすぐ近くで観察することができます。

カンガルー島のリマーカブル・ロックス©Julie Fletcher

9.砂漠に立ち並ぶ石灰岩の柱 ピナクルズ

西オーストラリア州には、数々の絶景スポットがあります。州都パースから車で約2時間、ナンバン国立公園のピナクルズもそのひとつ。ピナクルズとは、何世紀にもわたって海からの風を受け、周りの砂が取り除かれて出現した無数の石灰岩の柱のことです。砂漠のなかにピナクルズが立ち並ぶ景色は、まるで異世界に迷い込んだかのよう。自然が時間をかけて生み出した絶景を、目に焼き付けてみませんか?

砂漠に立ち並ぶピナクルズ©CJ Maddock

10.星空のもとで食事ができるツアーも ウルル

先住民アボリジナルピープルの信仰の対象と言われてきたウルル-カタ・ジュタ国立公園の巨岩群は、オーストラリア最大の都市シドニーから飛行機に乗ること約2時間半、大陸の中心部にあります。ウルル(エアーズ・ロック)は、高さ約350メートル、周囲が9キロ以上ある一枚岩です。日没や夜明けの光景も美しいですが、星空の観賞もおすすめです。星空のもと、屋外で食事ができる「サウンズ・オブ・サイレンス」ツアーも人気です。

日没時のウルルと「フィールド・オブ・ライト」のライトアップ©Tourism Australia

オーストラリアの渡航制限緩和について

新型コロナウイルスワクチンを2回接種した人は、出国前に必要だったPCR検査による陰性証明書が不要になります。ただし、接種証明書は必要です。