1. HOME
  2. 特集
  3. 韓流の沼へようこそ
  4. 韓国から世界を目指す次の世代 アイドルグループ「T1419」単独インタビュー 

韓国から世界を目指す次の世代 アイドルグループ「T1419」単独インタビュー 

World Now
T1419のメンバー=2021年1月26日、ソウル、清水大輔撮影

ーーT1419とはどういう意味なのでしょうか?

ノア(韓) Tはティーンエージャー(10代)の頭文字で、1419は僕たちメンバーが2年前に出会った時の年齢です。当時は14歳から19歳でした。初心を忘れないという意味も込められています。

ーー1月にデビューしたばかりですね。

シアン(韓) 実は11月にプレデビュー曲として「Dracula」(ドラキュラ)という曲を発表しています。

ーーみなさん、ドラキュラのような特殊メイクをして歌う様子がかっこよかったです。

シアン ありがとうございます。そして、1月に「アスラバルバルタ」という曲で正式にデビューしました。

ーーオンライン配信によるデビューですね。新型コロナの影響は?

ケビン(韓) いまは「非対面」文化の時代ですが、直接ファンの皆さんに会える日まで努力していきたいと思います。

T1419=所属事務所提供

ーー韓国人メンバーのみなさんは、なぜK-POPの世界に?

ゴヌ(韓) 小さい頃から歌とダンスが好きでした。最初から職業として考えていたわけではありませんが、高校の時に専門のスクールに通い、オーディションを受ける機会がありました。次第にK-POPアイドルになる夢が大きくなっていきました。

ーー日本のメンバーはどうでしょうか?

レオ ぼくが初めてK-POPを知ったのは中学3年の時。ユーチューブで見ました。日本やほかの国の音楽も聴いていたけど、一度K-POPを聞いたらはまってしまいました。

ーーレオさんが中3ということは3、4年前ですね。

ゼロ ぼくも中学3年の同じ頃、友だちからBIGBANG先輩の音楽を聴かせてもらったのがきっかけです。日本のアイドルの音楽も聴いていたけど、それは楽しみとして。K-POPの映像を見たら、ダンスの実力がすごくて。それでK-POPをやりたいと思いました。

カイリ 小学校1年の時に母の影響で2PM先輩のステージを見て衝撃を受けました。

ーー小学1年といったら10年以上前の第2次韓流ブームの頃ですね?小1で韓流ですか?

カイリ ダンスがチーム一丸でそろっていて、そこにひかれました。その時から、ぼくもたくさんの方に夢を与えられるK-POPスターになりたいと思いました。

キオ ぼくの場合、中学1年のころ、SEVENTEEN先輩のパフォーマンスをみて、はまりました。最初は見ているだけだったけど、だんだんと先輩たちのように元気を与えられる人になりたいと思い、K-POPアーティストになる夢をみました。

芸能事務所などが集まるソウル・江南。ここはエンタメだけでなく「美」の聖地でもある。交差点の角には美容整形や歯科が集まったビルも立つ=2021年2月6日午後、清水大輔撮影

ーー夢とは、世界で活躍することですか?

キオ 世界で活躍して、ぼくを見た人が元気になってくれて、昔のぼくのようにK-POPアーティストになりたいと思う人が出てきてくれるよう、頑張りたいと思いました。

ーー世界で活躍するためのステージが、韓国にあると思ったのですね?

キオ その時はK-POPに魅力を感じていて、なんだろうなあ、韓国で絶対やるって決めていました。14歳の時です。韓国で成功したいと思いました。

ーーデビュー前の練習生は、どんなことをするのですか?

ノア K-POPアーティストになるために事務所には体系的なシステムがあるんです。歌、ダンス、言語などを集中的に訓練します。

ーー学校はどうするんですか?

ゴヌ 高校が終わったら事務所に来てメンバーたちと練習します。長期休みのときは事務所の宿舎で朝10時から夜10時まで特訓します。

ーーつらくなかったですか?

ゴヌ 私たち9人にはK-POPアーティストになる夢がありました。辛いことがあっても、夢と熱情があったから、もう少し頑張ろうと話し合い、乗り越えてきました。

ーー日本のメンバーはどうですか? 親は韓国行きに反対しなかった?

レオ もともと海外で仕事がしたかったし、両親は初めは心配していたけど、最後は応援してくれました。最初は韓国語が分からず、韓国人メンバーとコミュニケーションがとれませんでした。でも毎日事務所で言葉の特訓もして、次第に不自由でなくなりました。

ーーデビュー前後の記者会見などでは韓国語で受け答えしていましたものね。ほかのメンバーは?

カイリ 高校1年のとき、韓国行きを決めました。K-POPアイドルになりたい一心で、学校をやめたので友だちに心配もされました。ても、幼い頃からの夢だったから、お母さんも賛成してくれました。

T1419=所属事務所提供

ーー韓国で大変だったことは?

カイリ 韓国語が分からない上、最初は韓国人メンバーに実力面でも劣っていました。日本でダンス学校には通っていましたが、歌はほとんど何もしていませんでした。最初の3カ月は基本の繰り返し。腕を伸ばすときの肩や指先のラインといった細かいところまで、ひとつひとつ教えてもらいました。そこまで細かく教えてくれるところに、びっくりしました。

ーー韓国のアイドルの世界には「月末評価」というシステムがあると聞きました。

オン 1カ月の間磨いたパフォーマンス、歌、言葉などの成果を代表さんたちの前で披露します。ダイエットも必要です。大変ですけど、月末評価があるから早く成長できるし、頑張れると思います。それが終わったときはメンバーでおいしいものを食べにいったりします。

ーー例えば何を?

オン 韓国式のチキンを食べに行きました。(そう、そう)

ーー今でも訓練は続いているのですか?

シアン 日本語、韓国語、英語はもちろんですが、世界中のファンに会いに行きたいので中国語やスペイン語も勉強しています。

ーーK-POPの力の秘密は何なのでしょう?

ゴヌ ドラマや映画、音楽など多様な媒体で世界に発信するのが韓流です。K-POPの世界にはいろんな国・地域のメンバーがいて、海外のアーティストとコラボすることもあります。いろんな国にコンテンツを伝えることができるのが、K-POPの力の秘密だと思います。

レオ あとは、ファンとのコミュニケーションを大事にしています。コロナでイベントが開催できなくても、SNSを利用してファンのみなさんと交流しています。そういうグループが、どんどん生まれています。

ーーところでデビュー曲「アスラバルバルタ」の意味は?

オン 望む通りになれる呪文のような言葉を意味しています。聞いてくれるファンのみなさんの夢もかなえられたらと願い、歌っています。

ーーみなさんの願いは?

ノア 活動を通して世界中のファンのみなさんに会いに行くこと。そしてメンバーが健康であることです。

T1419のメンバー=2021年1月26日、ソウル、清水大輔撮影