1. HOME
  2. World Now
  3. チョ・ソンジン「世界で最も人気のピアニスト」

チョ・ソンジン「世界で最も人気のピアニスト」

東亜日報より
クラシック音楽のサイト「ユーディスカバーミュージック」で世界で最も人気のピアニストに選ばれたチョ・ソンジン

ピアニストのチョ・ソンジンが、オンラインのクラシック音楽サイト「ユーディスカバーミュージック(udiscovermusic.com)」が最近選んだ人気音楽家の4位に選ばれた。チョ・ソンジンはピアニストの中では1位だった。韓国人作曲家兼ピアニストのイルマは25位に選ばれた。

ユニバーサルミュージックのインターネット販売・広報サイトのユーディスカバーミュージックは、昨年11月以降、全世界の音楽ファン1万人以上が参加する投票を通して選んだ人気音楽家の上位25人を最近発表した。1位はバイオリニストのデイビッド・ギャレット、2位はテナーのアンドレア・ボッチェリ、3位はバイオリニスト兼指揮者のアンドレ・リュウだった。1~3位の3人はクラシックとクロスオーバーの部門をまたぐアーティストで、純粋なクラシックの演奏家としてはチョ・ソンジンが最高位だ。5位はバイオリニストのニコラ・ベネッティだった。

ユーディスカバーミュージックは、チョ・ソンジンについて「素晴らしい才能を持った音楽家で、2015年のショパンコンクールで優勝後、全世界の注目を浴びてきた」、イルマについては「現代的スーパースターとして、ユーチューブで再生回数4億回以上を記録した」と紹介した。チョ・ソンジンはモーツァルトの265回目の誕生日である今年の1月27日、モーツァルトの未発表曲「アレグロ ニ長調」を世界で初めて演奏し、全世界で大きな話題となった。

人気1位のギャレットについて、ユーディスカバーミュージックは「4歳から演奏を始め、13歳で音楽会社と契約し、2年後にはパガニーニ24のカプリース全曲のアルバムを出した。世界で最もアルバムがよく売れるアーティストの一人」と紹介した。

ピアニストとしては、マルタ・アルゲリッチ(6位)、ユジャ・ワン(16位)、アルフレッド・ブレンデル(18位)、ラン・ラン(19位)、ダニール・トリフォノフ(20位)らが入った。指揮者とピアニストの両方で活躍中のダニエル・バレンボイムも14位に入った。指揮者としては、サイモン・ラトル(7位)、作曲家ではジョン・ウィリアムズ(9位)、チェリストではヨーヨー・マ(11位)が各分野の最高位を占めた。韓国ではあまり知られていないメゾソプラノ、キャサリン・ジェンキンス(7位)もランキング入りした。

(2021年3月1日付東亜日報 ユ・ユンジョン文化専門記者)

(翻訳・成川彩)