1. HOME
  2. LifeStyle
  3. 賃貸暮らしの俳優キム・グァンギュ、「これ以上家の価格上げないで」

賃貸暮らしの俳優キム・グァンギュ、「これ以上家の価格上げないで」

東亜日報より

俳優のキム・グァンギュ氏がTV芸能大賞授賞式の受賞あいさつで(コロナ禍にもかかわらずソウルなど大都市部で高騰する)「家の価格」に言及し、話題になっている。

キム氏は19日午後、ソウル市麻浦区のSBSプリズムタワーで開かれた「2020 SBS芸能大賞」授賞式で、リアリティ部門の優秀賞を受賞した。舞台に上がったキム氏は「夜遅くに終わる『燃える青春』を視聴してくださった全国の視聴者、海外の同胞の皆さんに感謝します」と述べた。制作陣や家族にも感謝を述べたキム氏は「大変な世の中、最後にジェソク兄さん、これ以上マンションの価格を上げないでください」と呼びかけ、受賞あいさつを終えた。コメディアンのユ・ジェソク氏は指で自分を指し、動揺したそぶりを見せた。キム氏はユ氏よりも実際は4歳年上だ。

キム氏は10月、MBCのバラエティー番組「私は一人で暮らす」に出演し、賃貸暮らしの苦労を訴えたことがある。キム氏は「不動産屋の社長に家を買うように言われたが、ニュースで家の価格が下がると聞いて、それを信じて待っていた。ところが何年か前に6億ウォンだった家が13億ウォンになって、チョンセ(韓国独特の賃貸制度)詐欺に遭った時よりもショックだった」と語った。さらに「歌手のユク・チュンワンはその時に家を買って金持ちになって、僕は賃貸で財産を食いつぶしている」とも語った。

(2020年12月21日付東亜日報 キム・ミン記者)

(翻訳・成川彩)