1. HOME
  2. 特集
  3. それは「監視」か「見守り」か
  4. マスクしたまま顔認証 技術トップは日本企業

マスクしたまま顔認証 技術トップは日本企業

World Now
NECの顔認証ゲート。マスクを着けたまま本人確認ができる(同社提供)

「マスクOK」と書かれたセキュリティーゲートを社員が次々と通り抜ける。新型コロナウイルス感染症対策でマスクが手放せなくなる中、顔の一部がかくれていても人物を特定できる最新の「顔認証」技術を搭載したゲートだ。

NECの社員通用口。顔の見えている部分をセンサーで抽出、事前登録したその人の画像を照合し、学習した人工知能(AI)が本人かどうか識別する。3月下旬に自社技術で設置。実証実験を重ね、近く製品化をめざす。

NECの顔認証ゲート。マスクを着けたまま本人確認ができる(同社提供)

同社の顔認証技術は、米研究所の技術テストでは1200万人分の静止画で認証エラー率0.5%で、昨年首位に。2億3000万人の顔を1秒で照合できる。活用は世界に広がり、インド政府の「国民総背番号」制度では同じ人が重複してIDを取得しないように顔画像などを採取する基幹技術を提供。米テキサス州の市警の捜査システムなど約70カ国・地域に1000以上を納入した実績がある。国内では、コンビニでの顔認証決済や「ももいろクローバーZ」のコンサート会場にも同社のシステムが設けられた。コンサート会場の出入り口に採用された。東京五輪は大きな商機とにらむ。

顔や指紋の生体情報は究極の個人データ。プライバシー侵害につながらないように、技術を社会がどこまで受け入れられるのか社内で議論をかさねる。販売する際は、顔認証システムで収集されるデータの適切な管理方法も顧客に提案。技術を提供する企業も、試行錯誤を続けている。