1. HOME
  2. World Now
  3. 「おもちゃの兵隊、なぜ男ばかり」 6歳の少女がおもちゃ会社に手紙を書いたら

「おもちゃの兵隊、なぜ男ばかり」 6歳の少女がおもちゃ会社に手紙を書いたら

ニューヨークタイムズ 世界の話題
In a photo provided by Jeff Imel and BMC Toys, preliminary models from BMC Toys of Jeff Imel's plastic female toy soldiers. A letter written by Vivian Lord drew a flurry of news media attention and prompted one toymaker to develop, for the first time, a pack of the classic toy soldiers designed to be women. (Jeff Imel/BMC Toys via The New York Times)-- NO SALES; FOR EDITORIAL USE ONLY WITH NYT STORY FEMALE TOY SOLDIERS BY MIHIR ZAVERI FOR OCT. 20, 2019. ALL OTHER USE PROHIBITED. --
BMC Toys社が作った女性の兵隊のおもちゃの試作モデル=Jeff Imel/BMC Toys via The New York Times/©2019 The New York Times

おもちゃの兵隊は、米国では1930年代に登場するようになってから、基本的にはほとんど変わっていない。プラスチック製で、背丈は2~3インチ(約5.1~7.6センチ)。武器を持ち、ほとんど例外なく男だ。

それが、変わろうとしている。6歳の少女が、大きな原動力になった。アーカンソー州の州都リトルロックに住むビビアン・ロードだ。

2020年には、おもちゃの製造会社の一つが、女性の兵隊のおもちゃを初めて売りに出す。戦闘に投入される米軍の女性兵士の姿をしており、ビビアンの苦情が19年の夏から秋にかけて広く報じられたことが決め手となった。

米陸軍には女性もいるのに、「誰も女の兵隊さんを作ってくれないの」とビビアンは最近のインタビューに答えている。「だから、なんでと思った」

Vivian Lord, 6, holds a toy soldier in her home in Little Rock, Ark., Sept. 27, 2019. A letter written by Lord drew a flurry of news media attention and prompted one toymaker to develop, for the first time, a pack of the classic toy soldiers designed to be women. (Houston Cofield/The New York Times)
「女の兵隊さんを作って」とおもちゃ会社に手紙で訴えたビビアン・ロード(6)=2019年9月27日、アーカンソー州リトルロック、Houston Cofield/The New York Times/©2019 The New York Times

ビビアンがこの問題に気づいたのは19年の7月のことだった。夏休みでアラバマ州に行った。ゲームセンターで一生懸命集めた引換券で、おもちゃの兵隊の軍団を求めた。

それまで兄が持っていた兵隊のおもちゃでよく遊んでいたが、ようやく自分のものを持つことができるようになった。コーヒーテーブルの上で、善軍と悪軍に分けて並べてみると、みんな男の兵隊だった。

面白くなかった。両親に尋ねると、兵隊のおもちゃの会社に手紙を出すことを母ブリタニー・ロードが勧めてくれた。

Vivian Lord
ビビアンが自宅で遊んでいるおもちゃの兵隊たち=2019年9月27日、アーカンソー州リトルロック、Houston Cofield/The New York Times/©2019 The New York Times

筆をとった。「なぜ、女の兵隊さんを作らないのですか。私のお友達のお母さんも、兵隊さんです!! なのに、どうして作らないの!!!!!」

ビビアンのこんな手紙を、母は三つのおもちゃ会社に送った。

その手紙には、男の兵隊をピンクに塗ったおもちゃを見つけたことも書いた。女の子向けに作られたようだが、男であることには変わりなかった。「ちゃんとした女の兵隊さんがほしい」と書き添えた。

Vivian Lord
「女の兵隊さんを作って」とビビアンが書いた手紙=2019年9月27日、アーカンソー州リトルロック、Houston Cofield/The New York Times/©2019 The New York Times

返事が来ることを母は期待していなかった。しかし、一通は、ペンシルベニア州スクラントンにあるBMC Toys社(以下BMC)の所有者ジェフ・イメルに届いた。

「永遠のポップカルチャー」とイメルが呼ぶノスタルジアの世界が、その商売の源だ。おもちゃの兵隊の製品は80種ほどで、袋や箱に詰めたものもある。この数十年の間に、多くの米国の同業者は撤退した。軍事活動の比重が海外に移り、戦うおもちゃの人気は下火になったからだ。

ビビアンのような苦情は、以前にもイメルのもとに届いていた。その一つは、米海軍の退役女性下士官からで、女の兵隊のおもちゃがあれば、軍内で女性が男性と平等に見られる一助になると訴えていた。

その退役下士官ジョアン・オルトロフ(56)には、33年間の兵役歴がある。

「私は、兄弟が持っていたプラスチック製の『緑のおもちゃの兵隊さん』で遊んで大きくなった」とオルトロフ。「3人の孫娘はまだ小さいけれど、もう少ししたらおもちゃの兵隊さんでも遊ばせたい。ところが、女の兵隊さんがおもちゃの世界にはいない」と嘆く。

オルトロフは、今でも女性兵士に関連した国防総省の諮問委員会の一員を務めている。女性兵士をたたえる催しがあれば、よく出向き、ときにはピンクのおもちゃの兵隊も並べてみる。

「男の兵隊さんのかわいい女の子バージョンだね」という反応が、男女のいずれにも多いとオルトロフは残念がる。「かわいい代用品のようなメッセージは、軍隊の女性が期待する発信としては、あらゆる意味で間違っている」との思いがある。

「女の兵隊さん」の着想に、イメルは共感を覚えていた。調べてみると、実例も見つけた。日本製のハイヒール姿には、目新しさを感じた。1950年代には、プラスチックでできたの陸軍の女性看護師も作られていた。

イメルは、女の兵隊についての可能性を追求することをオルトロフに約束した。だが、新製品の開発には、お金がかかることも伝えた。

1年後に届いたビビアンからの手紙にも、同じような返事を出した。「いつの日かできるといいね」と書き加えたことをイメルは覚えている。

ほどなくして、報道が相次ぐようになった。

まず、リトルロックの地元局が取り上げた。母のブリタニーが、フェイスブックに投稿したビビアンの手紙が端緒となった。イメルとブリタニーとのやりとりも報じられた。

CNNと退役軍人の出版社の一つが、この話題をネットで流した。すぐに、CBSのような全米ネットワークが取材を申し込んできた。

ビビアンやオルトロフの苦情への対応を先延ばしにしていたことが、「とんでもない間違いだった」ことを思い知ったとイメルは振り返る。

「報道で、大変な騒ぎになった。それから、息つく暇もない日々が続いた」

女の兵隊さんの素案スケッチを委託し、樹脂製の試作モデルにした。19年9月には、これをシカゴで開かれたおもちゃのショーに出品した。同時に、別の三つの試作モデル作りを進めた。

最初に売り出す女の兵隊のおもちゃは、五つの異なる構えをした24体のセットになりそうだ――立って、①拳銃と双眼鏡を持っている②ライフル銃を撃っている③ひざをついて、ライフル銃を撃っている④腹ばいになり、ライフル銃を構えている⑤ひざをついてバズーカ砲を撃っている。

In a photo provided by Jeff Imel and BMC Toys, a sketch of Jeff Imel
女性の「兵隊のおもちゃ」の素案スケッチ=Jeff Imel/BMC Toys via The New York Times/©2019 The New York Times

19年11月には、クラウドファンディング・キャンペーンを開始。女の兵隊のおもちゃを先行予約できるようにもした。20年10月までには、すべての商品の販売を始める予定だ。

ビビアンからはその後、新たな便りがイメルに届いた。

「とてもいいお礼の手紙だった。色の付いた画用紙に書かれていて、子供の心が伝わってきた」

女の兵隊のおもちゃを作ってくれると聞いて、ピョンピョン跳び回って喜んだという。「大きくなったら、私の子供にも使わせてみたい」とも書いてあった。

「私にとっても、多くの女性にとっても、とても重要なこと」とオルトロフもうなずく。「これで男女を平等にして遊ぶ選択肢が子供たちにできる」

そして、「私たちは決して、男性兵士のかわいい女の子バージョンなんかではない」と付け加えた。(抄訳)

(Mihir Zaveri)©2019 The New York Times

ニューヨーク・タイムズ紙が編集する週末版英字新聞の購読はこちらから