1. HOME
  2. World Now
  3. 北朝鮮は「タバコ天国」 ブランドだけで200種

北朝鮮は「タバコ天国」 ブランドだけで200種

東亜日報より

2017年に脱北し、今年3月延世大学経営学科に入学したチョン・シウさん(28)は、平壌で卓球場を運営していた。卓球場の事業はかなり儲かったという。ビール、飲料、タバコの販売収入が大きかった。売店で1000ウォンで売っているサイダーを、卓球場では3000ウォンで売る。「賭け卓球」をやった後、負けた人がビールをおごるという形で遊ぶことが多い。

「機関」には毎月300ドルを支払い、保安員がチョンさんの卓球場に毎日来てはタバコ1箱ずつもらっていく。役所に用がある時にもタバコが必要だ。病院で診断書を出してもらえなければ「ああ、くれということか」と思う。病院で診療を受ける時に医師にタバコ1箱を渡すのはエチケットだ。

北朝鮮でタバコは「金」だ。「タバコを渡す」のは社会生活の潤滑油だ。「賄賂を渡す」という言葉はあまり使わない。「あいさつする」などと表現する。

北朝鮮のタバコのブランドだけでも200種以上ある(韓国は50種余り)。1ドルで10箱のものもあれば、1箱20ドルのタバコもある。タバコを受け取る時、ブランド名だけで賄賂の額が分かる。タバコを「カートン」単位や大きな箱に入れて渡すのは、賄賂そのものだ。

北朝鮮ではタバコは「権力」「金」「権威」

北朝鮮は「喫煙パラダイス」だ。ホテルや飲食店、公共の場ではもちろん、エレベーターでもタバコを吸う。室内での喫煙はマナーとして遠慮した方がいいという認識が広まってきた。専売制度ではなく、大競争体制だ。40を超えるタバコ生産企業が競争している。北朝鮮の航空会社、高麗航空もタバコ事業をやっている。

「我が故郷タバコ工場」を運営する「我が故郷」という名称の企業は、タバコ、パン、スポーツ衣類、生理用ナプキンなどを生産する企業だ。金正恩朝鮮労働党委員長が好んで吸っていた「727」が、「我が故郷」の生産する製品だ。「我が故郷」は「朝」というブランドで中東にタバコを輸出している。タバコと酒は北朝鮮の工産品の中で数少ない輸出可能な競争力を持つ品目だ。

200種を超えるタバコのブランドが北朝鮮で競争している

北朝鮮でタバコは「権威」だ。労働党幹部出身の脱北者Lさんは「大きな組織であれ、小さな組織であれ、トップは休み時間に部下にタバコを分け与えられる余裕がなければいけない」と話す。

北朝鮮が世界保健機構(WHO)に報告した通りであれば、女性の喫煙率は0%だ。朝鮮中央通信も「朝鮮には女性の喫煙者はいない」と報じた。女性の喫煙をタブーとし、「権威」を持つ男性だけがタバコを吸う。成人男性の喫煙率は54.7%(2015年基準)で、世界最高の水準だ。

脱北者のイ・ジュヒさん(33)は「女性がタバコを吸うのは、お酒を飲むよりも不道徳な行為と見られる。だからといって、0%ではない」と話す。また別の脱北女性は「おばあさんたちはタバコを吸ってもいい。女性と見ていないから」と言う。

2月、ハノイでの米朝首脳会談のため、列車で移動する金正恩委員長は、中国の南寧駅のプラットホームでタバコを吸う姿が捉えられた。妹の金与正(キム・ヨジョン)労働党第1部部長が灰皿を持って横に立っていたが、この場面は家父長制が残る北朝鮮の男女の位置関係を象徴する姿でもあった。

金正恩「727」から「建設」に変えて…プロパガンダの手段

北朝鮮ではタバコは「権力」だ。金正恩委員長は労働党や軍の幹部の前でタバコを吸う。室内の体育館でタバコを吸うのは権力を持つ人だけができることだ。労働新聞と朝鮮中央TVは最高権力者がタバコを吸う姿を国民に見せる。若い指導者の権威を高めるために考え出された高度なイメージ戦略だ。金正恩委員長は液体燃料を使った大陸間弾道ミサイル(ICBM)火星14の発射台前でもタバコを吸った。米情報分析サイト「38ノース」はこの様子を見て「無謀だ」と評した。

金正恩委員長は「我が故郷」が製造する「727」を吸っていたが、「平壌大成」の「建設」に変えた。「727」は米国との戦争の危機が高まった時に吸っていた。「727」は停戦協定締結日の1953年7月27日を指す。北朝鮮でこの日は「戦勝節」だ。「米帝国主義と南朝鮮(韓国)の傀儡徒党が起こした戦争に勝利した日」と宣伝している。米国との交渉の局面で吸い始めた「建設」には赤い旗を持つ労働者と建設現場が描かれている。

北朝鮮のメディアは金正恩委員長がタバコを吸う姿をイメージ戦略として活用している

「北朝鮮のタバコ:プロパガンダとブランドの変奏曲」を出版した東亜大学政治外交学科のカン・ドンワン教授は、このように説明する。

「自力更生、自給自足の我々の社会主義を守ろうと声高に叫んでも、北朝鮮社会に深く浸透した資本主義はすでに社会を変化させる重要な動力となっている。政治思想を鼓舞するための商標を作っても、同時に消費者を考えなければならない北朝鮮当局の二重の悩みがタバコに反映されている。宣伝(プロバガンダ)と宣伝(アドバタイズ)が変奏曲となって響く」

北朝鮮の国章に刻まれた星の形を象徴とした「赤い星」というタバコは、主体(チュチェ)革命のプロパガンダだ。「ハナ(※一つの意味)」は北朝鮮主導の南北統一を強調した歌からとった。「我々はハナ(一つ)」の歌詞はこうだ。「一つ、民族も一つ、血統も一つ、一つ、太陽朝鮮我々は一つ」。北朝鮮当局は平壌を訪れる韓国人にこの歌を教え、一緒に歌おうとする。「故郷」は金日成の生家である「万景台故郷の家」を指す。「白頭山」や「天地」は白頭血統(金日成―金正日―金正恩の血統)を暗示している。

カン・ドンワン教授は「タバコは北朝鮮の外貨獲得の窓口でもある。北朝鮮はタバコを中国、東南アジア、中東へ輸出している。北朝鮮のタバコは中国でも価格競争力がある。外国の消費者を想定して商標やデザインにも努力を惜しまない北朝鮮は2000年代初め、世界の有名ブランドを偽造してタバコを作り、外貨を稼いだ。KT&Gのタバコも偽造した。当時蓄積した技術がタバコ輸出の土台になったという評価もある。

※参考文献:カン・ドンワン「北朝鮮のタバコ:プロパガンダとブランドの変奏曲」(2019)

ソン・フングン記者/新東亜2019年12月号掲載)

(翻訳・成川彩)