1. HOME
  2. Travel
  3. デザートでなく料理にバナナ!? シンプルさが「ルワンダ流」

デザートでなく料理にバナナ!? シンプルさが「ルワンダ流」

One Meal, One Story 一食一会
Photo: So Kosuke
Photo: So Kosuke

小規模農家が多いアフリカでは、天候不順や病気で一つの作物が不作になっても、ほかの作物で主食をまかなえるようにしているのだという。

一食一会_料理にバナナ_2

なかでも気になったのが、料理用のバナナだ。首都キガリにある市場に足を運んだとき、房のままごろごろ並べられた巨大な緑色のバナナはエネルギーの塊のように見えて、食欲をそそられた。

一緒に街を歩いていた旅行ガイドに、「あれが食べてみたい」とお願いし、知人の店に連れていってもらった。

エルネスト・セベラ(39)が営むレストラン「フィックステック・ファストフード」は、バイクタクシーが忙しく行き交うビジネス街にあった。界隈で働く人たちが短時間で食べられるようにと、店名に「ファストフード」と付けたが、ふつうのルワンダ料理のメニューもある。値段は一品200円と安い。


一食一会_料理にバナナ_3
レストランの入り口に立つセベラ Photo: So Kosuke

ガラスケースに並んだ料理のひとつに、赤いスープにひたった太いバナナを見つけた。セベラによると、トマトで煮込んだルワンダならではの料理だ。

食べてみると、ホクホクした食感がジャガイモにそっくり。普段、日本で食べるバナナと違って、甘い風味はなく、味も淡泊でイモに似ている。おいしく味わえるかどうかは、一緒に口に入れるスープの味にかかっているらしい。

「ところで、ルワンダ料理の特徴って何ですか?」。ふと疑問が湧いて、セベラに尋ねてみた。

「野菜にしても肉にしても、できるだけ油や調味料を使わず、食材をゆでるのが基本」。確かにバナナのトマト煮も、複雑なスパイスや濃いソースの味はなく、食材の味わいがそのまま残っている感じがした。

1994年の民族虐殺のあと、ルワンダは急速に発展し続けている。「欧米文化の影響で食べ物も変わってきたが、新鮮でシンプルなルワンダならではの料理を大切にしたい」

セベラの言葉を聞いて、応援したくなった。