1. HOME
  2. World Now
  3. 大谷翔平選手、大坂なおみ選手らも…破綻の暗号資産交換業FTXの広告関与で訴えられる

大谷翔平選手、大坂なおみ選手らも…破綻の暗号資産交換業FTXの広告関与で訴えられる

World Now
大谷翔平選手と大坂なおみ選手=朝日新聞社

アメリカメディアによると、訴えられた著名人の中には、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手やプロテニスの大坂なおみ選手、米プロバスケットボールNBAウォリアーズのステファン・カリー選手、NBAのスター選手だったシャキール・オニール氏、米プロフットボールNFLのトム・ブレイディ選手、ブレイディ選手の元妻でスーパーモデルのジゼル・ブンチェン氏らが含まれるという。

ロイター通信などによると、投資家は、同社がFTXの高金利口座サービスを売り込むため、詐欺的な手法を使っていたと主張。

訴状によると、バンクマン・フリード元CEOや著名人らはFTXを操り、宣伝、援助、あるいは積極的に加担して、登録していない有価証券の提供・販売を行った」として、損害賠償を求めている。

またアメリカの投資家は訴状で、破綻により110億ドル(約15300億円)の損害を被ったとしている。

2021年11月に公表されたFTXのPR文章によると、大谷翔平選手と結んだ「長期パートナーシップ」の報酬はすべて株式と暗号通貨で支払われる、としている。