1. HOME
  2. World Now
  3. トンガ噴火、火山灰で飲料水汚染 リゾート地全壊

トンガ噴火、火山灰で飲料水汚染 リゾート地全壊

World Now
海底火山の噴火を捉えた衛星写真
海底火山の噴火を捉えた衛星写真。15日に気象衛星「ひまわり8号」が撮影。情報通信研究機構(NICT)が16日に提供(2022年 ロイター)

オーストラリアのセセルジャ太平洋担当相は、国内ラジオとのインタビューで、現時点では多数の死者は確認されていないが、一部で深刻な被害が出ていると発言。トンガの空港は比較的良好な状態のようだが、英国人女性1人が行方不明と報じられていると述べた。ニュージーランドの地元テレビによると、この女性は波にさらわれたという。

オーストラリア駐在のトンガ政府高官は、偵察機が17日夜に帰還するとし、トンガ政府が支援の優先順位を決めるまで、支援活動を待ってほしいと述べた。支援物資の搬入で新型コロナウイルスが持ち込まれることを懸念しているという。トンガでは新型コロナの感染は確認されていない。

同高官によると、海底ケーブルが損傷を受けたため、海外との通信回線を復旧するには1週間以上かかる可能性がある。トンガ内閣は優先課題を協議中。国内の電話回線は復旧したが、火山灰で飲料水が汚染されていることが問題という。

トンガのリゾート地ハアタフビーチのオーナーがフェイスブックで明らかにしたところによると、同ビーチは全壊した。

国際赤十字の関係者は、最大8万人が津波の被害を受けた恐れがあるとの見方を示している。

Copyright Reuters 2022 記事の無断転用を禁じます