1. HOME
  2. Learning
  3. 【開催延期】どうする「日本の宿題」 解決のヒントを世界で探る

【開催延期】どうする「日本の宿題」 解決のヒントを世界で探る

Learning

第1回のテーマは「デモクラシーは生き残れるか」です。

アメリカやヨーロッパでは民主主義が劣化し、中国など世界各国で権威主義が勢いづいています。世界の変化は、私たちが暮らす日本とも響き合い、政治、経済、社会の様々な仕組みが揺さぶられています。イギリスの欧州連合からの離脱やポピュリズムの台頭で揺れるヨーロッパを観察し続けてきた国際政治学者の遠藤乾・HOPS院長と、特派員として長年、中国をはじめ世界各地を取材してきた吉岡桂子・朝日新聞編集委員が登壇します。二人の対話を通じ、日本の現在地を確認し、私たち一人ひとりができることを考えます。

みなさまのご来場を心よりお待ちしています。

■開催概要

日時:2020年4月13日(月)18:30開場、19:00開演

会場:札幌市民交流プラザ1階 SCARTSコート

   〒060-0001 札幌市中央区北1条西1丁目

募集人数:100人(先着順)

参加費:1,000円(税込み、事前決済)※全席自由

締め切り:2020年4月6日(月)23時59分

主催:北海道大学公共政策大学院(HOPS)、朝日新聞社、HTB

【ご注意】

※新型コロナウイルスの感染防止のため、お申し込み後、開催当日に体調が優れない方は参加をお控えください。

※新型コロナウイルスの感染状況により、予告なく当ダイアローグの中止または延期をする場合がございます。その場合は参加料の課金をせず、課金後の場合は返金いたします。予めご了承ください。

■登壇者

遠藤乾(えんどう・けん)氏 北海道大学公共政策大学院(HOPS)院長(写真左)

博士(政治学、英オックスフォード大)。専門は国際政治、欧州政治。著書に『統合の終焉』『欧州複合危機』など

吉岡桂子(よしおか・けいこ)氏 朝日新聞編集委員(写真右)

上海、北京特派員などを経て、2017年6月からアジア総局(バンコク)駐在。朝刊の「多事奏論」の筆者の一人。近著に『人民元の興亡 毛沢東・鄧小平・習近平が見た夢』。GLOBE+で「鉄輪で行く中国・アジア」連載中。

■申し込み方法

お申し込みはこちらから

■問い合わせ先

朝日新聞北海道支社管理部

Tel:011-221-4070(受付時間は平日10:00~18:00、土日祝日は除く)

e-mail:hokkaido-event@asahi.com