1. HOME
  2. Learning
  3. 【イベント】シンポジウム「121位の私たち ジェンダー格差をどう変える」

【イベント】シンポジウム「121位の私たち ジェンダー格差をどう変える」

Learning

■開催概要

日時:2020年3月3日(火)17:30開場、18:00開演~21:00終演

会場:お茶の水女子大学講堂(徽音堂・きいんどう)

〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1

募集人数:500人

参加費:1,000円(税込、事前決済)※学生は無料

締め切り:2020年2月25日(火)

同時通訳あり、託児サービスつき

主催:朝日新聞社、お茶の水女子大学

特別協力:ニューヨーク・タイムズ

(左から)リッチ・素子氏(ニューヨーク・タイムズ東京支局長)、室伏きみ子氏(お茶の水女子大学長)、堀江敦子氏(スリール株式会社代表取締役)、石川優実氏(#KuToo運動呼びかけ人、俳優)

お茶の水女子大大学在学生、附属学校生徒、保護者、教職員の方は「お茶の水女子大学関係者のお申し込みはこちら」ボタンからお申し込みください。

■登壇者

ジェシカ・ベネット氏 前ニューヨーク・タイムズ ジェンダー・エディター

受賞歴のあるジャーナリスト、評論家。「ニューズウィーク」で編集を、ウェブ版「タイム」でコラムニストを担当するなどしてキャリアを積む。守備範囲は、ジェンダー、セクシャリティ、カルチャーなど。シェリル・サンドバーグが創設した女性のための非営利団体“LeanIn.org”の総合監修者としても活躍する。『フェミニスト・ファイト・クラブ』が初の著作。

フランチェスカ・ドナー氏 ニューヨーク・タイムズ ジェンダーイニシアティブ・ディレクター

米ウォールストリート・ジャーナル紙、米フォーブス誌を経て、ニューヨーク・タイムズに入社。政治、経済、文化、グローバル化などの分野で、女性に関わる問題について取り上げている。週1回のコラム「In Her Words」のエディターとして、金融や政治、ハリウッドなど幅広いトピックについても執筆してきた。

リッチ・素子氏 ニューヨーク・タイムズ東京支局長

英フィナンシャル・タイムズ紙、米ウォールストリート・ジャーナル紙を経て、2003年にニューヨーク・タイムズに入社。政治、社会、国際関係、安全保障、文化など幅広い分野をカバーする。とくにジェンダーや移民、日本の人口動態などに関心を持っている。

室伏きみ子氏 お茶の水女子大学長

お茶の水女子大学卒業、東京大学大学院修了後、ニューヨーク市公衆衛生研究所研究員。医学博士。専門は生命科学。お茶の水女子大学教授、理学部長、理事・副学長を経て2015年から現職。ストラスブール大学客員教授、日本学術会議会員、日本医療研究開発機構監事などを歴任。

堀江敦子氏 スリール株式会社代表取締役

大手IT企業勤務を経て2010年25歳で起業。仕事と子育ての両立を体験するインターンシップ「ワーク&ライフ・インターン」の事業を展開。経済産業省「第5回キャリア教育アワード優秀賞」を受賞。現在は、企業向けに若手女性・復職社員・管理職向け研修を展開している。幼稚園から高校まではお茶の水女子大附属校で教育を受けた。

石川優実氏 #KuToo運動呼びかけ人、俳優

2019年には、職場でのパンプス義務づけに反対する#KuTooを展開。ネット署名を呼びかけ、厚生労働省に届けた。運動は世界中のメディアで取り上げられ、英BBC「100人の女性」に選出された。

■タイムテーブル

17:30 開場

18:00 開演、主催社ご挨拶

渡辺雅隆(朝日新聞社代表取締役社長)

18:05 インタビューセッション「アメリカのジェンダーギャップの現状」

ジェシカ・ベネット氏(前ニューヨーク・タイムズ・ジェンダー・エディター)
フランチェスカ・ドナー氏(ニューヨーク・タイムズ・ジェンダー・ディレクター)
リッチ・素子氏(ニューヨーク・タイムズ東京支局長)

コーディネーター:望月洋嗣(朝日新聞GLOBE編集長)

19:00 休憩

19:10 トークセッション、Q&A 「ジェンダ-格差をどう変えていくか?」

室伏きみ子氏(お茶の水女子大学長)
堀江敦子氏(スリール株式会社代表取締役)
石川優実氏(#Kutoo運動呼びかけ人、俳優)
ジェシカ・ベネット氏
フランチェスカ・ドナー氏
リッチ素子氏

モデレーター:杉山麻里子・朝日新聞社会部次長、「Dear Girls」担当デスク

20:50 閉会ご挨拶

室伏きみ子氏(お茶の水女子大学長)

21:00 終演

■申し込み方法

以下の各ボタンからお申し込み下さい。

お茶の水女子大大学在学生、附属学校生徒、保護者、教職員の方は「お茶の水女子大学関係者のお申し込みはこちら」ボタンからお申し込みください。

■問い合わせ先

朝日新聞社「国際女性デー記念イベント」事務局

Tel 03-6264-0574

(受付時間は平日10:00~17:00、土日祝日を除く)

e-mailsp-kjd@info-jimukyoku.jp

お茶の水女子大学「国際女性デー記念イベント」事務局

e-mailIWD2020@cc.ocha.ac.jp