1. HOME
  2. 特集
  3. 喝采と警戒のシルクロード
  4. 【ミニ解説】シルクロードとは

【ミニ解説】シルクロードとは

World Now
砂漠を歩くラクダの群れ=中国・敦煌、村山祐介撮影

中国の長安(現在の西安)とローマを結ぶ交易路の総称で、中国特産の絹が運ばれたことから、19世紀にドイツの地理学者リヒトホーフェンが名付けた。

ルートや時代は諸説あるが、タリム盆地周辺を経て中央アジアに抜ける「オアシスの道」は、紀元前2世紀から紀元後16世紀にかけて栄えた。1987年に中国・敦煌莫高窟が、2014年には「長安・天山回廊の交易路網」が世界遺産に登録された。

シルクロードの起点を示す像=中国・西安、村山祐介撮影

モンゴルなど北方の草原を通る「草原の道」や、南シナ海からアラビア海に向かう「海の道」もある。西方からは金やガラスなどが運ばれた。

日本には西域的色彩の文物が奈良の正倉院に伝来しており、シルクロードの終着点と考える研究者も多い。1980年代のNHKの特集番組や作家・井上靖の歴史小説「敦煌」の映画化などで関心が高まり、観光ブームになった。