1. HOME
  2. Travel
  3. 「天国」に近いモーリシャス 海の楽園に酔いしれる

「天国」に近いモーリシャス 海の楽園に酔いしれる

アフリカを旅する
青やエメラルドグリーン色の海で、カヤックをこぐ観光客=10月22日、モーリシャス東部、石原孝撮影
青やエメラルドグリーン色の海で、カヤックをこぐ観光客=10月22日、モーリシャス東部、石原孝撮影

インド洋のアフリカ側にある島国モーリシャスは、欧州からの観光客に人気のリゾート地。インド系住民が過半数を占め、面積は東京都とほぼ同じ。車を走らせれば、サトウキビ畑が広がるのどかな国です。

「トム・ソーヤーの冒険」の著書、マーク・トウェイン氏はかつて、「神はモーリシャスというパラダイスを創り、それをまねて天国を創った」と語ったと言われています。その理由は、やはり海。太陽の光や海藻の具合で、海面の色は水色や濃い青色、エメラルドグリーンにと、刻々と変わっていきます。

石原孝モーリシャス13
青く透き通った海上で、パラセーリングを楽しむ人たちもいた=10月22日、モーリシャス東部、石原孝撮影

東部にあるイル・オ・セルフという小島では、浅瀬の水につかりつつ、撮影ポイントを探索。ヨットやボートが通過するタイミングで、お気に入りの写真が撮れました。サンゴが多いことで有名な南部のブルーベイでは、時折小雨が降る天気でしたが、小魚たちとの遊泳を楽しみました。

石原孝モーリシャス04
モーリシャス東部の小島、イル・オ・セルフを通過するヨット=10月23日、石原孝撮影

首都のポートルイスには、この国に移住させられたインド人たちの歴史を伝える建物のほか、果物や日用雑貨、かごバッグやバニラティーなどのお土産が買えるマーケットもあります。私は訪れませんでしたが、西部にはライオンと散歩できる施設もあります。

地元のタクシー運転手によると、観光客が多く集まるのは夏季にあたる年末前後。特に、11~12月は雨量も少なめで、お薦めとのことでした。高級ホテル以外にも、1泊5千円程度で泊まれるロッジ風の宿も各地に点在しています。多くのアフリカ諸国と違って、街中を徒歩で移動することも可能です。

石原孝モーリシャス10
モーリシャスの首都ポートルイスにあるマーケットでは、お土産用のかごバッグなどが売られていた=10月22日、石原孝撮影

日本からの直行便がないのは難点ですが、この時期に旅や新婚旅行を計画しているなら、候補地の一つにしてみてはいかがでしょうか?