1. HOME
  2. World Now
  3. 孫たちに応援され、68歳で始めて泳ぎを覚えた女性

孫たちに応援され、68歳で始めて泳ぎを覚えた女性

ニューヨークタイムズ 世界の話題
Vijaya Srivastava swims in Albany, Calif., June 28, 2021. Srivastava, who lives in the San Francisco Bay Area, took her first swimming lesson at age 68 — she's now a daily swimmer. (Aubrey Trinnaman/The New York Times)
米サンフランシスコ近郊に住むビジャヤ・スリバスタバは毎日のようにプールで泳ぐようになった=2021年6月28日、カリフォルニア州オルバニー、Aubrey Trinnaman/©2021 The New York Times。68歳で泳ぎを覚え、今は毎回20往復を日課としている

米サンフランシスコ一帯のベイエリアに住むビジャヤ・スリバスタバ(72)は、生まれてからずっと「陸の人間」だった。海の眺めが素晴らしいバークリーヒルズの丘を散策し、小さな孫たちの相手をし、図書館のボランティアも買ってでた。

どれも、水につかる必要はなく、自分の性に合っていると思った。水に入るのは、溺れる不安が先に立ち、あまりにも怖かった。

インドで育ち、プールとは無縁だった。米国に移り住んだときも、背泳ぎでプールを行ったり来たりするなんて、想像することすらできなかった。

ところが、ある日、かかりつけの医者に「よい健康法」を勧められた。プールを往復する習慣を身につけることだった。

「でも、泳げない」と打ち明けた。水に顔をつけたことは、一度もなかった。

「レッスンがあるのを知らないの」というので、「私の年でも?」と問い返した。

すると、「いいんじゃない」という言葉が返ってきた。68歳のときのことだった。

普通なら、あれこれ考えあぐねることだろう。ところが、違った。以下は、スリバスタバとの一問一答だ。

Vijaya Srivastava swims in Albany, Calif., June 28, 2021. Srivastava, who lives in the San Francisco Bay Area, took her first swimming lesson at age 68 — she
水の中で笑うスリバスタバ=2021年6月28日、カリフォルニア州オルバニー、Aubrey Trinnaman/©2021 The New York Times。泳ぎを習い始めるまでは、水にどっぷりつかることは一度もなかった

――で、最初にどうしたのか。

まず、隣人の女性に聞いてみた。「一緒にレッスンをやってみない?」って。「いい」ということだったので、地元のオルバニー高校の女子生徒に指導を頼むことにした。水難救助の訓練を受けていた。そこが気に入った。

「シニアに水泳を教えたことは」と聞くと、「ない」とのことだった。それでも、こちらは構わなかった。

週3回のレッスンが始まった。

一度、覚えようと決めたら、あとからくよくよしないのが、私の主義。レッスンのない日も、プールに通うことにした。

泳げるようになることを夢見るまでになった。目が覚めると、すぐにウキウキし始めた。眠れないときは、ベッドで泳いだ。「何してるんだい。ここはプールじゃないよ」と夫はぼやいた。

それに、水着を何着も買った。そのうちの1着が、お気に入りになるかもしれないと思ったから。あとで考えると、10着も買うことはなかった。だから、かなりの数を寄付することにした。

――泳ぎについて、自分自身でも勉強してみたのか。

最初のレッスンが終わると、すぐにグーグルで検索を始めた。まず、何でもいいから、YouTubeで泳ぎ方の教材を見て、学習することにした。ところが、頭にすっきり入らず、混乱するばかりだった。

しばらくして、きちんとした泳ぎを覚える成人向けの水泳メソッド「Total Immersion Swimming」のビデオシリーズがあることを娘が教えてくれた。男性講師が実技指導をしており、これが自分には大変役に立った。

孫たちの応援もあった。プールに潜って、自分の平泳ぎをチェックしてくれた。あるいは、プールサイドの温水浴槽につかりながら、親指を立てたり下に向けたりして、うまく泳げているかどうか伝えてくれた。

Vijaya Srivastava swims in Albany, Calif., June 28, 2021. Srivastava, who lives in the San Francisco Bay Area, took her first swimming lesson at age 68 — she
泳ぐスリバスタバ=2021年6月28日、カリフォルニア州オルバニー、Aubrey Trinnaman/©2021 The New York Times

――一番大変だったことは。

化石のように、体が動かなくなってしまうことだ。それまでは、怖いものなんてなかった。でも、溺れてしまうかもと思っただけで、もうダメだった。プールの浅い方の端っこ(深さ4フィート〈約122センチ〉)から、長いこと動けなかった。レッスンが始まる前には、お祈りをした。

それと、スタミナ不足。腕や足の筋肉が、できていなかった。30分もすると、クタクタになった。

――すべてがうまく回り始めたのは、いつだったのか。

数カ月たつと、「そろそろ反対側の端っこに行ってみよう」と指導を頼んだ高校生にいわれた。「まだ、そこまでは」と首を振ると、「もう大丈夫」と促された。

「やってみなければ、いつまでたってもできはしない」。最後は、そう腹をくくった。

「ずっと、そばに付いているから」と励まされた。

「でも、あなたはとても小さい方だし」と口ごもると、「絶対に溺れることがないようにする」と約束してくれた。

ということで、泳ぎ始めた。深さ6フィート(約183センチ)の印まできた。自分の背丈は5フィート4インチ(約163センチ)。もう、行くだけ。引き返せないことは、自分にもよく分かっていた。といっても、向きの変え方をまだ知らなかったが……。

ようやくのことで、反対側の端に着いた。

その様子を、同じマンションに住む隣人たちが、温水浴槽から眺めていた。この数カ月間、私が水と格闘するのを見てきた人たちが、今度は一斉に立ち上がり、拍手をしてくれたのだった。

手を振って応えようにも、息が乱れてできなかった。しかも、深い方の端は、水深が8フィート(約244センチ)もある。プールの壁から手を離すなんて、絶対にできなかった。

そして、帰路。ついに、浅い方の端にたどり着いた。ようやく、みんなに手を振ることができた。

Vijaya Srivastava swims in Albany, Calif., June 28, 2021. Srivastava, who lives in the San Francisco Bay Area, took her first swimming lesson at age 68 — she
体を浮かせるスリバスタバ=2021年6月28日、カリフォルニア州オルバニー、Aubrey Trinnaman/©2021 The New York Times。最初はプールに入ると、溺れるのが怖くて体が化石のように動かなかった

――始めてから泳げるようになるまで、もっと違うやり方はあったのだろうか。

あまりなかったと思う。まあ、もっと早く始めていれば、ということはあるかもしれないが。

――泳げるようになって、人生はどう変わったのか。

自分の子供たちやおいたちとも話すけれど、私のことをみなとても誇りに思ってくれている。この年で泳ぐ人はあまりいない。私の身内にもね。ここまでやり遂げられて、とてもスッキリした気持ちでいられる。インドにいる家族とも電話で話すが、私の兄弟は信じられないでいるみたい。

――で、次の目標は。

友人の一人とは、ダンスを習うのはどうだろうと話している。一緒に始められるかな。

――暮らしに行き詰まりを感じていて、なんとかしたいと思っている人へのアドバイスは。

隣人が一緒に水泳レッスンを始めてくれたから、よかった。互いに励まし合うこともできたし。その日は疲れていて乗り気でなくても、「じゃあ、20分だけでも行こう」って誘ってくれた。それが、すぐに30分になった。

――今回の体験で、自分が変わったと思うことは。

プールの端から端まで68歳で初めて泳ぎ切ったときのことは、生涯忘れられないだろう。先週は、72歳で20往復もした。タイムは52分。もっとも、何往復かすると、休憩が少し必要になるけどね。目標は、休みを入れずに達成すること。ぜひ、やってみせたい。

――満足感を味わうのに、もっと早く知っておけばと思うことは何かあるか。

親友の一人が、とてもいいことを教えてくれた。「自分の体を知るには、自分自身を知れ」と。どんなことが自分を幸せにし、健康にし、怒らせるのか。ずっと気をつけたし、それがとても助けになった。

ただ、自分の人生で「ここは変えたい」と思うものはあまりない。ゆったりした気分で、幸せだと思うことができたら、心身ともに健康になれる。人生、それほど多くのことは、いらないのではないだろうか。

――自分の体験から学んでもらいたいことは。

諦めるという退路を断つこと。今回も、やめようと思ったことは、一度もなかった。これはやろうと心に決めたら、私はやめないことにしている。(抄訳)

(Chris Colin)©2021 The New York Times

ニューヨーク・タイムズ紙が編集する週末版英字新聞の購読はこちらから