1. HOME
  2. World Now
  3. 人はやっぱり旅をしたい 街で、空港で聞いてみた「Youは、なぜ日本に?」

人はやっぱり旅をしたい 街で、空港で聞いてみた「Youは、なぜ日本に?」

World Now
人がまばらな道頓堀を歩くフィリピン人のアン・テノリオ(左)とレイモンド・アルボルテ=3月9日、大阪市中央区、坂東慎一郎撮影

国際線の多くが欠航し、静まりかえった関西空港の到着ロビーで3月9日、マスク姿のカップルを見つけた。フィリピン人の歯科医師、アン・テノリオ(27)とレイモンド・アルボルテ(34)だ。大阪に向かう電車の中で2人に理由を聞くと、「憧れの日本旅行。やめる選択はなかった」と口をそろえた。

年に2回は外国を旅行し、異文化体験を楽しんできた。日本に行きたいと思ったのは、過去に3度も日本旅行をしているテノリオの母に勧められたから。航空券やホテルは昨年夏に予約。日本食を楽しみに、テノリオは2キロの減量もした。感染拡大の最中での旅行には、反対する友人もいたという。だが、スーツケースに大量のマスクとアルコール消毒液を詰め込み、「対策すれば大丈夫だと思う」と話していた。ただ、その直後に向かい側の席で女性がせきをすると、2人は心配そうに顔を見合わせ、慌てて手を消毒した。

フィリピンから観光で訪れたアン・テノリオ(右)と、レイモンド・アルボルテ。滞在中に新型コロナウイルスへの不安が高まったというテノリオは、取材中も1分おきに手やスマートフォンを消毒していた=3月13日、大阪市中央区、坂東慎一郎撮影

帰国前日の同月13日に大阪市内の喫茶店で再会すると、「日本の食事を楽しんだ」と笑顔を見せた。大阪・ミナミで焼き肉やラーメンを味わい、牛カツの店には2回も行った。「フィリピンにはこんな食べ物はない」と感動した様子だった。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや大阪城天守閣は休業になってしまったが、京都では金閣寺や伏見稲荷大社をめぐって写真を撮影。奈良公園は観光客が少なく、「腹をすかせたシカに襲われて驚いた」とアルボルテは笑った。

もっとも、滞在中に日本での感染が拡大し、不安も日増しに強くなったようだ。神戸観光から大阪に戻る時に満員電車に乗ると、周囲にせきをする人がいて、とても恐ろしかったという。翌日、大阪から京都に向かう際は、人混みを避けて午前5時の始発電車に乗った。この日もテノリオは1分おきに消毒液を手やスマートフォンに吹きかけた。それでも出会った日本人はみな親切で、嫌な思いはしなかったという。「行きたい場所には行けた。食べ物も人も素晴らしかった」と満足した様子だった。

大阪城を訪れたアン・テノリオ(左)とレイモンド・アルボルテ。フィリピンではこんな景色は見られないと感動したと話す=坂東慎一郎撮影

一方、「旅は仕事や生活から解放されリラックスする機会」と話したのは、英国人の高校教師、ケビン・フェカナン(25)。「旅のない人生は考えられない」という。

関空で出会ったのは同月6日。スマホ用のSIMカードを受け取ったり、券売機で切符を買ったりした後、念入りにアルコール消毒液で手を除菌する姿が印象的だった。「普段からサンドイッチを食べる時に除菌することはあるけど、ここまで頻繁にはしないよ」と笑った。

休暇で日本を訪れたロンドン在住のケビン・フェカナン。閑散とした関西空港で自動券売機で切符を買うと、消毒液で手を除菌していた=3月6日、大阪府泉佐野市、坂東慎一郎撮影

海外旅行が一番の趣味で、2カ月に1度は旅に出る。昨年11月にもチェコ、今年1月にはヨルダンを訪れていた。

今回の旅では韓国にも行く予定だったが、飛行機が欠航したため断念した。香港に住む友人と大阪で合流する計画も、香港からの便が欠航となって実現せず、一人で大阪の四天王寺や京都の金閣寺などをめぐることに。それでも、「今はとにかく日本に来られて幸せ」と日本での旅に期待していた。

オーストラリアからは北海道のニセコや長野県の白馬などでスキーやスノーボードを楽しむ人が少なくなかった。ライリー・グレイ(21)とルーク・サイモンズ(21)は友人らと2月下旬に初めて来日。白馬のゲレンデでスノーボードを満喫した。「雪はオーストラリアより格段によくて最高だった」

長野県の白馬でスノーボードを楽しんだオーストラリア人のライリー・グレイ(21、左)とルーク・サイモンズ(21)=3月9日、羽田空港、中川仁樹撮影

日本で印象に残ったのが、親切な人々とおいしい食事だという。「僕らはまったく日本語が話せない。それなのに英語が話せない人でも一生懸命に話を聞き、道案内をしてくれた。本当に助けられた」と感謝する。気に入った料理を挙げてもらうと、寿司の次がラーメンだった。「温かくておいしかった。がんばって箸を使うと手が痛くなったけど、かなりうまく食べられるようになったよ」と自慢げだ。さらに「グレートだったのはローソンのチキン。オーストラリアではあんなお値打ちな価格はあり得ないから、毎日のように食べたよ」と笑った。

手をよく洗うなど新型コロナ対策に気をつける必要もあったが、「本当にエンジョイした。次は絶対にニセコに行くよ」と誓っていた。

一方、シドニーに住むエミリー・メイ・ペリー(18)は、オーストラリア政府が自国民も含めたすべての入国者に14日間の自主隔離を求め始めた3月16日、日本へと旅立った。日本のアニメを見て自然と日本語を覚えたという日本好き。日本の文化を体験したいと、高校卒業から大学入学までの間を利用した念願の旅だった。「私には今年がチャンス。帰国後の自主隔離も覚悟している」