RSS

世界のスポーツ

中国サッカー、育英に本腰 若手トップ選手をスペインへ留学

[第103回]


ワールドカップ出場わずか1回の中国がサッカー選手の育成に本格的に力を入れ始めた。人口約14億の眠れる大国は、国家主導でサッカー振興に取り組む。実を結ぶか。(スポーツ部・河野正樹)



スペイン・マドリード郊外のスポーツ施設。人工芝のグラウンドで、15歳の中国人のサッカー選手たちが一心不乱にボールを追いかけていた。


赤いユニホームの胸には漢字で、「恒大足球学校」。2013年と15年にアジア・チャンピオンズリーグを制し、中国リーグ7連覇中の強豪・広州恒大の系列のサッカー学校だ。広州恒大の育成部門を担当している。この日、ペルーから遠征していたチームと練習試合をしていたのは02年生まれの選手たち。その年代で中国チャンピオンになったチームだ。


足球学校は7歳から18歳までの計3000人を抱える。15年から優れた若手を選び、80人前後をマドリードに留学させている。14歳からの3年、寄宿生活をしながら、欧州の指導手法でサッカーを学ぶ。滞在費用はクラブ持ちだ。現地責任者ギジェルモ・トラマは「この世代の選手たちが中国サッカーの歴史を変えられると思っている」。


サッカー界ではアフリカの若手選手の青田買いが社会問題となり、国際サッカー連盟が18歳未満のサッカー選手の国際移籍を禁止している。足球学校の選手はスペイン国内で公式戦に出られず、練習試合でしか実戦経験を積めないが、プロジェクトを始めた足球学校の前校長・劉江南は言う。「中国ではトップレベルの試合ができない。マドリードなら強いチームと戦える環境がある」


提携するレアル・マドリードに加え、スペイン1部のクラブとも試合を組む。この学校から17歳以下の中国代表に毎年5人前後の選手が招集されるという。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示