RSS

Webオリジナル

あの頃のアメリカ南部そして日本、響き合う女性たち~『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』

東京でインタビューに答えるソフィア・コッポラ監督=鬼室黎撮影


シネマニア・リポート Cinemania Report [#84] 藤えりか


日本を長年見つめた米国人女性からみると、かつての米南部と日本には相通じるものがある、そうだ。ソフィア・コッポラ監督(46)の最新作、23日公開の米映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』 (原題: The Beguiled)(2017年)は南北戦争下の米南部が舞台。カンヌ国際映画祭で女性として56年ぶり、史上2人目の監督賞に輝いた彼女のインタビューから、「女性に期待されること」を考えた。


約4年ぶりに来日したコッポラ監督に1月、インタビューした(主なやりとりは、今回「シネマニア・リポート」と連携した「Yahoo!ニュース 特集」にて)。その際、「米南部の文化は、日本に通じるものがあると思う」とも言われ、私は一瞬、疑問符に包まれたが、新作で描かれた女性たちを思い浮かべるにつれ、次第に納得した。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』より © 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』は1864年、米南部バージニア州の女子寄宿学園を軸に展開する。ニコール・キッドマン(50)演じる園長マーサが、教師エドウィナ(キルスティン・ダンスト、35)とともに、アリシア(エル・ファニング、19)ら5人の女子生徒を教育しながら戦火を逃れてひっそり暮らしていたところへ、脚に傷を負った敵の北軍兵士マクバニー(コリン・ファレル、41)が転がり込む。傷の手当てをして南軍の目からも守って共に暮らすうち、女性だけで築いてきた世界に波風が立ち始める。


「南北戦争の南部」と聞くと、現代、ましてや日本からは遠い話に思えるかもしれない。だがコッポラ監督いわく、「設定は昔の話ではあるけれど、今も共感を呼ぶ点に興味を惹かれた。物語の中心にあるテーマは、私たちが今なお経験している男女間の力の相克。それを眺めるのはおもしろく、現代的なものとして共感できるものだった」。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』より © 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

「南北戦争や米南部にとても興味があった」と言うコッポラ監督は、当時の南部の女性たちの日記を読み、理解を深めた。「おもしろいことに、当時はビクトリア朝の時代のように非常にきちんとした感じがありながら、情熱や激情に満ちていた。北部とは非常に違っていて、『女性らしさ』について、とても誇張された考え方があった。今も名残はあるけれど、当時の女性たちはさらに、非常にちゃんとしていて上品で、女性らしくしていなければならず、それが当時の南部の文化の多くを成していた。女性は誰しも『女性らしくあれ』という考え方のもとで育っているけれど、南部はその究極版ですね」


それが今の日本にも通じるものがある、というのがコッポラ監督の見立てだ。「今作は性的な抑圧や、それを甘んじて受け入れる物語。女性が不当に扱われていると感じる文化に生きる人には、共感してもらえると思う」

東京でのイベントに臨むソフィア・コッポラ監督=藤えりか撮影

そう考えると、今作が一層、身近に思えてくる。21世紀の日本は、少なくとも教育現場で「女性らしくあれ」と言われる場面はかなりなくなったが、逆に大人になるにつれ、「モテ」「婚活」をあおるさまざまな場で「女性らしさ」を求める表現や空気に直面したりする。例えば不倫報道ひとつとっても、いまだに女性の方が、よりバッシングを受ける。女性が秩序を崩したとみなされるや、それが疑いであっても、受け入れる土壌はまだ、なかなかない。


コッポラ監督は、『ゴッドファーザー』シリーズに『地獄の黙示録』(1979年)などで知られる巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督(78)を父に持ち、母は『ボンジュール、アン』(2016年)(81)で長編監督デビューを果たしたエレノア・コッポラ(81)だ。新作の公開ごとに来日する両親にたびたび同行、少女時代から40代の今まで、彼女なりに日本を見つめてきた。東京を舞台に米国人男女の孤独を描いてアカデミー脚本賞に輝いた『ロスト・イン・トランスレーション』(2003年)の撮影では、日本にしばらく滞在した。

『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』より © 2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

「『ロスト・イン・トランスレーション』はセットで撮影したり、私自身は日本の業界について知っているというわけではない。ただ、日本とは常につながりを感じている。今回の『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』が日本でどう受け止められるか、興味がある」。ソフィア・コッポラ監督は言った。


今作は1966年の小説が原作で、これをもとにした別の映画が半世紀近く前に作られている。『白い肌の異常な夜』(1971年)。その邦題からも感じ取れるように、正直、「欲求不満の女性集団は怖い」といった印象を強く残しかねない作りで、今の目から見ると失望を禁じ得ない。コッポラ監督自身、「『白い肌の異常な夜』は同じ物語ながら、非常に男性の視点で描かれている。女性たちは正気じゃなくて、ただ常軌を逸しているように見える」と疑問を投げかけている。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示