RSS

Webオリジナル

「反難民」吹き荒れるハンガリーからの自己批判~『ジュピターズ・ムーン』

東京でインタビューに答えるコーネル・ムンドルッツォ監督=仙波理撮影


シネマニア・リポート Cinemania Report [#82] 藤えりか


国境で警官から逃れ走る難民の少女や親子をカメラマンが蹴る映像が物議をかもしたのを覚えている方も多いかと思う。27日公開のハンガリー・ドイツ映画『ジュピターズ・ムーン』(原題: Jupiter holdja/英題; Jupiter’s Moon)はまさにその現場、ハンガリーのセルビア国境を舞台に始まる。難民や移民を拒絶するハンガリーの一員である自身にも批判の矛先を向けて撮ったというコーネル・ムンドルッツォ監督(42)に、東京でインタビューした。

『ジュピターズ・ムーン』より、難民少年アリアン役のゾンボル・ヤェーゲル 2017 © PROTON CINEMA - MATCH FACTORY PRODUCTIONS - KNM

舞台は、2015年のいわゆる「欧州難民危機」を挟んで多くの難民や移民が押し寄せるハンガリー。シリアの少年アリアン・ダシュニ(ゾンボル・ヤェーゲル、26)は、父ムラッドとセルビア国境からハンガリーに入ろうとするが、国境警備隊に追われるうち、ラズロ(ギェルギ・ツセルハルミ、69)に無抵抗のまま銃撃される。瀕死の重傷となり難民キャンプに運ばれ、医師シュテルン(メラーブ・ニニッゼ、52)が手当しようとすると、アリアンは自力で治癒、空中に浮かび始める。医療過誤で負った多額の賠償金を支払うために難民から賄賂をせしめてきたシュテルンは、アリアンを利用し一儲けしようと考え、彼をキャンプから救い出す。一方、ラズロは違法な発砲のもみ消しをシュテルンに頼んで断られ、難民への憎悪も加わって、アリアンを執拗に追い始めるーー。


ムンドルッツォ監督は、GLOBE2015年11月15日発行号「映画クロスレビュー」でも取り上げた前作『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)』(2014年)でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門グランプリとパルムドッグ賞を受賞。目下、シネマニア・リポート[#59]に書いた『ワンダーウーマン』(2017年)の主演で知られるガル・ガドット(32)と、ブラッドリー・クーパー(43)を起用した『Deeper(原題) 』の撮影準備に取り組んでいる。

コーネル・ムンドルッツォ監督=仙波理撮影

『ジュピターズ・ムーン』は、ハンガリー・ビチケの難民キャンプをムンドルッツォ監督が数年前に訪ねたのがきっかけだという。ハンガリーは中東やアフリカなどからの難民や移民が、受け入れ態勢の整ったドイツをめざす際の経由地となってきた。そうした難民たちに、キャンプで1〜2週間向き合った。


「私は非常に心動かされ、打ちのめされた気持ちになった。彼らには過去も未来もないように思えて、『現在』そして『人の手』を差し伸べる責任を感じた」とムンドルッツォ監督は言う。

『ジュピターズ・ムーン』より、医師シュテルン役のメラーブ・ニニッゼ(左)と難民少年アリアン役のゾンボル・ヤェーゲル 2017 © PROTON CINEMA - MATCH FACTORY PRODUCTIONS - KNM

ムンドルッツォ監督は脚本を書き、表紙に「近い将来のどこか」と書いた。そうして2015年、内戦のシリアなどからこれまで以上に多くの人々が欧州へ逃れる「難民危機」が起きた。ムンドルッツォ監督は言う。「将来について書いたつもりが、現在の話になった。だから、この映画を撮るか撮らないか悩んだ。私は映画に政治的な抗議を持ち込んだり、ジャーナリズムを取り入れたりするのが好きではないし、そうした作品を撮ったこともないからね」。それでもムンドルッツォ監督は背中を押された。


「空飛ぶ難民」は、国境を飛び越えたい難民たちの願いを表しているように見える。「その通り。とても象徴的で、自由のイメージとなっている」

『ジュピターズ・ムーン』より、難民少年アリアン役のゾンボル・ヤェーゲル(上) 2017 © PROTON CINEMA - MATCH FACTORY PRODUCTIONS - KNM

ムンドルッツォ監督はそのうえで、こう語った。「難民危機は欧州を悪化させるものではなく、前向きな希望だと思う。これを解決したら、欧州はより強くなれる。医師シュテルンを通じて描きたかったのはその点だ。彼はステータスを失った知識人で、とてもシニカルで堕落し、物語の当初は本当にろくでもない。奇跡的な場面に遭遇した時でさえ、自分のために利用しようと考えた。だが物語が深まるにつれ彼は徐々に教訓を学んで変化し、犠牲をいとわないようになる。政治的なポピュリズムが蔓延し、それが危機的になっている今の社会では、彼こそが希望を表している」


きっかけとなった難民キャンプは「難民危機」後、独裁色とポピュリズム政策を強めるオルバン政権が国境管理を厳しくする中で閉鎖されたという。国境ではハンガリー当局が催涙ガスや放水車などで逃げ惑う難民を迎え撃つようになり、国連やEUから非難を浴びた。「恥ずかしいことだ。ハンガリーは以前はもっと開かれていたのだが」

コーネル・ムンドルッツォ監督=仙波理撮影
(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示