RSS

Webオリジナル

現地から「援助より投資を」

アフリカ研究者 白戸圭一 03




日本企業に出遅れ感も


「もう援助は必要ありません。日本企業の皆さん、ぜひ投資して下さい」。ここ数年、アフリカ諸国の政府関係者から、そんな言葉を聞く機会が増えた。貧困や飢餓が蔓延していた1990年代までのアフリカを知る者としては隔世の感を禁じ得ない。だが、今やアフリカが「援助対象地」ではなく「投資対象地」として世界の注目を浴び、アフリカの人々もそれを自覚していることは紛れもない事実である。

ヨハネスブルグの中心地

1980年代初頭からおよそ20年にわたって低迷を続けたアフリカ経済は、今世紀に入って成長軌道に転じた。国際通貨基金(IMF)の統計によると、最も勢いのあった2003年から2012年までの10年間のサブサハラ・アフリカ(サハラ砂漠以南のアフリカ)の国内総生産(GDP)成長率は平均で年間5.9%に達した。


成長のきかっけは、中国など新興国の経済成長で資源需要が急増し、豊富な天然資源を有するアフリカ諸国に多額の資源マネーが流入したことだった。資源生産国で本格化した成長は周囲の非資源生産国にも波及し、急成長はアフリカ諸国共通の現象となった。


近年の各種資源価格の低迷により、2016年のサブサハラ・アフリカのGDP成長率は1.4%にまで下落したものの、IMFは2018年以降、再び3%台に回復すると予測している。2000年代のような全大陸的な急成長はひと段落したが、国別に見ると、エチオピアのように現在も毎年10%前後の高度成長を持続している国も存在する。


経済が成長すれば、所得水準の向上で消費が拡大し、企業にとっての新たなビジネスチャンスが生まれる。過去10年ほどの間、世界はアフリカ投資ブームに沸き、日本企業の中にもアフリカで成功を収める企業が現れた。ナイジェリアを中心に販売網を拡大する「味の素」や、ケニアでカップヌードルを売る「日清食品」のように、アフリカ社会で一定の知名度を獲得している日本企業もある。


しかし、伝統的にアフリカとの結びつきが強い欧米企業や、今世紀に入ってアフリカ投資を増やした中国、インドなどの企業と比べて、日本企業の「出遅れ感」は否めない。

2014年末時点の世界の主な国の対アフリカ直接投資残高を見ると、米英仏の3カ国がそれぞれ500億ドルを超え、中国が約325億ドル、インドが約136億ドルなのに対し、日本は約100億ドルにとどまっている。中国に抜かれたとはいえ、日本のGDP総額が世界第3位の規模であることを考えると、やはり少ない感じがする。


企業にとって、アフリカへの投資が困難なことは言うまでもない。まず、インフラの問題がある。多くの国で発電所や送電網が絶対的に不足しており、電力の安定確保が至上命題の製造業の進出のネックになっている。また、南アフリカを除いて道路網は未整備で、資材や商品の運搬にはしばしば膨大な時間とコストがかかる。


人材不足も深刻だ。アフリカにも優秀な人材はいるが、残念ながら数が絶対的に不足している。外国企業が進出先のアフリカの国で何かの問題に直面した際、その国の所管省庁に相談しても、対応した役人によって言うことが百八十度違うことも珍しくない。自国の法令に精通している公務員が少なく、そもそも法令自体が存在していないこともあるからだ。


このほかにも「政情が安定しない国が多い」「テロや紛争の心配がある」「汚職がひどく、政府相手のビジネスはできない」「アフリカは欧米や中国の企業に任せ、日本企業はアジアで稼げばよい」など、「アフリカに投資しない理由」はいくらでも列挙できる。


私は仕事柄、様々な日本企業の幹部たちから、そうした声を聞かされている。講演会で「アフリカ市場の魅力」について話したところ、聴衆の年配のビジネスマンから「あんな未開の地に投資なんかできる訳ない」と叱られたこともあった。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

アフリカ@世界 白戸圭一 エチオピアとケニア GDP逆転で思うこと

アフリカ@世界 白戸圭一
エチオピアとケニア GDP逆転で思うこと

アフリカ@世界 白戸圭一 中国は本当に嫌われているのか

アフリカ@世界 白戸圭一
中国は本当に嫌われているのか

アフリカ@世界 白戸圭一 忘れられた南スーダン自衛隊派遣

アフリカ@世界 白戸圭一
忘れられた南スーダン自衛隊派遣

アフリカ@世界 白戸圭一 定義なき「テロ等準備罪」

アフリカ@世界 白戸圭一
定義なき「テロ等準備罪」

アフリカ@世界 白戸圭一 エボラ熱対策、合理性は

アフリカ@世界 白戸圭一
エボラ熱対策、合理性は

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示