RSS

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

@世界はオタクたちが回している 松井博 #01



今、世界は大きく揺れています。

イギリスのEU脱退決定に続いて、昨年11月にはトランプ氏の米大統領当選。さらにフランスをはじめとするヨーロッパ各国で極右の大統領が誕生するのではないかと危惧されています。原因はグローバリゼーションであるとか、貧富の差の拡大であるとか、あるいは先進国における中産階級の没落であるなどと言われています。確かにその通りなのですが、根本的な原因はシリコンバレーのオタクたちがおっぱじめた「IT革命」にあるのです。


現在進行中のIT革命は、ビル・ゲイツやスティーブ・ジョブズといったオタクたちが「クールだ!」「こんなことできるはず!」と、好奇心に駆られて始めたことが受け継がれ、発達してきた結果なのです。民主的に決められたわけでも、人類の未来を考えて設計されたわけでもありません。今日もシリコンバレーには「エンジニア」という名のオタクたちが集結し、明日の暮らし、政治システム、ビジネスの在り方を根本から変えてしまうような発明にいそしんでいます。そして僕らには、彼らの好奇心から逃れる手はありません。


オタクたちの暮らしぶり

シリコンバレーには一獲千金を求めて世界中から優秀なエンジニアが集まってきます。僕が住むシリコンバレーのど真ん中のクパチーノ市は、人口の6割以上がアジア系の住民で占められています。僕の自宅の右隣にはインド人、左にはイラン人、向かいには台湾人が住んでいます。大半の住人はテック系企業に勤務しています。


彼らは基本的に高収入です。日本では年収が1000万円を超えれば勝ち組といった感じですが、シリコンバレーで1000万円程度だと低所得者です。テック企業各社が魅力的な給与で常時人材を募集しているため、エンジニアの流入が絶えないからです。そのため慢性的な住宅不足で家賃が高騰し、月に30万〜40万円ほどもします。保育園に子供を預ければさらに月20万円は出ていきます。失職すれば生活が立ち行かなくなりますから、みんなよく働きます。そして大成功すれば数十億、小成功でも億単位の金が手に入ります。少なからぬ人々が1億〜2億円以上する家に住み、会社の駐車場にはポルシェやテスラやベンツといった高級車が並んでいます。そして、彼らの子供たちは学費が年間500万円もかかるようなアイビーリーグ名門校へと進学していきます。


(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から