RSS

世界は今日も踊っている!

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ダンスは身体の解放運動」 /鶴見済さんに聞く





人はなぜ踊るのか。ダンスの快楽の源泉を何なのか。ダンス文化に詳しいフリーライターの鶴見済(49)に聞いた。(聞き手、神庭亮介)




――人はなぜ踊るのでしょうか。


photo:Kamba Ryosuke

太古の昔から、人は踊り続けてきました。最初は、宗教的なものから始まったのだと思います。リズムに合わせて体を動かしているうちに、トランス状態になって気持ちよくなっていく。世界中のあらゆる民族が人間のそうした習性に気付き、踊りを大切にしてきました。


――日本でも、盆踊りに代表される豊かなダンス文化がありましたが、近代以降、衰退していきました。


近代化によって、合理性や生産性が重要視されるようになり、何も生産しない行為であるダンスは、軽んじられるようになりました。近代国家は、学校や工場、軍隊を通じて人々を訓練し、合理的で従順な身体を求めてきました。ぶらぶらしていることは許されず、絶えず「気をつけ」の姿勢をとらなければならない。結果、多くの人にとって、ダンスは自ら「踊る」ものというよりは、…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から