RSS

100歳までの人生設計

[Part3]100歳の心とは、どんなものか?




100歳近い人の心の内には、70代ごろまでの人とは異なる「幸福感」が存在する。東京都健康長寿医療センターと大阪大学などの研究(SONIC)から、こんな分析結果が浮かび上がってきた。「老年的超越」と呼ばれる精神世界はどんなものなのか。



「老年的超越」はスウェーデンの社会学者、ラルス・トルンスタムが1989年に提唱した概念。85歳を超える超高齢者になると、それまでの価値観が「宇宙的、超越的なもの」に変わっていくという。①思考に時間や空間の壁がなくなり、過去と未来を行き来する②自己中心性が低下し、あるがままを受け入れるようになる③自分をよく見せようとする態度が減り、本質が分かるようになる、といった特徴がある。


日本でも、2010年から7年にわたる高齢者約3千人へのインタビューや分析の結果「老年的超越」が裏付けられた。仕事を引退し、体力が衰え始める60~70代では、できないことが増えることに不安が募り、鬱々とした気持ちが高まるが、85歳以上になると超越する傾向が強まるという。大病を経験すると強まる傾向もあった。


センター研究員の増井幸恵(53)は「できないことが増えて不幸感が高まると思いきや、自分自身をとらえ直し、不幸感が弱くなり感謝の気持ちが高まっていく」と分析。「60~70代の人は、超高齢になった親の様子の変化に戸惑ったり、いら立ったりすることが多い。老年的超越の存在を知ることで、家族や介護職員の接し方も変わってくるのではないか」と話す。


(高橋友佳理)


(文中敬称略)


「100歳時代がやってくる」に続く)



この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示