RSS

豊かさのニューノーマル(紙面)

[Part1]何のために働くのか。根源的な価値観が問われている/ベーシックインカム

ベーシックインカム受給者のユハ・ヤルビネン photp : So Kousuke



何もしなくても生活に最低限必要なお金をもらえるとしたら、人は働かなくなるのか。フィンランドが今年から始めたベーシックインカムの社会実験は、この論争に終止符を打つかもしれない。



ヘルシンキから北へ300㌔余り離れた町クリッカで暮らすユハ・ヤルビネン(39)は、1月から失業手当の代わりに毎月560ユーロ(約7万4000円)の現金をベーシックインカムとして社会保険庁から受け取り始めた。実験に参加する2000人の一人として、対象となる約18万人の失業者のなかから選ばれた。支給は2018年末まで2年間続く。


実はベーシックインカムでもらえる額の方が、失業手当より約100ユーロ少ない。それでもヤルビネンは、昨年末に社会保険庁から支給開始を知らせる手紙を受け取った時の喜びを口にする。「新しい人生が始まったみたいだったよ!」


失業手当と違ってベーシックインカムには何の条件もない。職を探す必要はないし、仮に働いて収入を得ても減額されずにもらい続けることができる。


ヤルビネンは看護師の妻と6人の子どもを育てている。以前は木材の窓枠をつくる会社を営んでいたが、仕事が忙しくなりすぎたことや不動産のトラブルが重なり、7年前に精神的に調子を崩して働けなくなった。会社も破綻した。


それ以来、失業手当を受け取ってきたが、職業紹介所で担当者に職探しの活動ぶりをチェックされることに「奴隷のようだ」と感じていた。ここ数年は木の太鼓をつくって知人らに売ってきたが、収入が見つかると失業手当がもらえなくなるため、おおっぴらには働けなかった。


働く意欲はあるけど、望まないことはやりたくない。起業する資金もない。袋小路から抜け出す機会をくれたのがベーシックインカムだとヤルビネンは言う。実験が続く間に太鼓づくりをビジネスに育て、映像制作を始めることも夢見る。「ベーシックインカムのおかげでやりたいことをできる自由が得られて幸せだ」


ベーシックインカムのアイデアそのものは決して新しくはない。英国の思想家トマス・モアが1516年に『ユートピア』で貧困対策として記したのが始まりだとされる。以来、ジョン・スチュアート・ミルやバートランド・ラッセルなど名だたる思想家らが提唱してきた。米国では1960年代の終わりにニクソン政権がすべての貧困家庭に無条件に収入を保障する法律を成立させようとしたが、反対に遭い成立しなかった。


政策としての実現をはばんできたのは財源の問題に加えて、「働かざる者、食うべからず」という価値観だ。


背景には働き方の変化や人口の高齢化


フィンランドでも70年代から、ベーシックインカムをめぐる議論はあった。半世紀近く経って社会実験にこぎつけた今回は、無条件に配られるお金が「失業者に働く気を起こさせるかどうか」を見るのが最大の目的だ。


実験の制度設計に携わったマルクス・カネルヴァ(38)によると、背景には働き方の変化や人口の高齢化がある。15年までの統計によると、労働者全体では依然として正社員が70~80%を占めるが、90年代後半からは起業する人が増えてきた。社会が高齢化するなかで、小さい規模でも個人がビジネスを始める動きが広がれば税収増につながる。

ベーシックインカム実験の制度設計にかかわったマルクス・カネルヴァ photo : So Kousuke

カネルヴァは「560ユーロは1カ月の生活費としては足りないが、安定した収入にはなる。そこでさらに収入を増やすために働いたり、起業などに挑戦したりするか確かめる」と話す。


世界中で高まる関心


関心は世界中で高まっている。カナダのオンタリオ州は今春、4000人が参加する社会実験の実施を発表した。働く意欲だけでなく、個人の不安やストレスがどう変化するかも調べる。米国ではカリフォルニア州の自治体やハワイ州で導入を目指す動きがある。


豊かなはずの先進国がベーシックインカムに注目するのは、終わりの見えない低成長のなかで、働くことと豊かになることが結びつかなくなっているからだ。人工知能、ロボットの台頭で仕事が消えることへの危機感も不安をあおる。


約30年前からベーシックインカムの導入を訴えている英国ロンドン大学教授のガイ・スタンディング(69)は関心の高まりを爆発的と表現し、こう語った。「ベーシックインカムは決して万能薬ではない。それでも格差や不平等を解決する手段になると、多くの人が考え始めているのではないか」


(宋光祐)


(文中敬称略)


(「ローカルという選択ーー日本」に続く)


【関連のWEB記事はこちら】

・ベーシックインカム、財源どうする?/ガイ・スタンディング教授インタビュー

・フィンランドで聞いた「ベーシックインカム、受け取ってみると?」




この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示