RSS

ジョコビッチの涙

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[Part2]グローバリズムの寵児



Reuters

パリ、ロンドン、ニューヨーク、東京、上海……。男子テニスのプロツアーの主要大会が開かれるのは、世界の名だたる都市が多い。テニスのトップ選手はグローバリズムの象徴だ。ヒトやモノが国境という垣根を越えて、自由に行き交う。スポンサーを集めやすく、賞金が出せる都市を巡り興行するプロツアーをまわる選手たちは、国の支援を受けるわけでもなく、自らの力で人生を切り開く。ランキングというわかりやすい指標、勝てば倍々ゲームで増える賞金。そこには明快な競争の原理が働き、強い者に富が集中していく。


日本のエース、錦織圭は実力も思考もグローバルだ。全国大会で優勝した小学6年のとき、すでに「『日本一』という言葉にこだわらず次は『世界一』をめざして」と学校で作った新聞に書いた。12年全豪オープンで日本男子80年ぶりのベスト8を果たしたときは、「昔から世界を基準に考えて戦ってきたので」とさらりと言ってのけた。


13歳で島根県松江市の実家を離れ、米フロリダ州を拠点に暮らし、世界のツアーを行脚する彼にとって、ふだん「日本人」を意識する場面はあまりない。


そんな錦織の意識が、リオ五輪を戦っているうち、明らかに変わった。


7月のウィンブルドン。ゴルフの松山英樹がジカ熱などへの不安を理由にリオ五輪参加をやめたと知り、記者会見で、「僕もあんまり出たくないな」と口にしていた。

…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から