RSS

火山と人類

[Part1]変動続ける大地ニッポン/巽好幸と空から見る







羽田空港を発った朝日新聞社の小型ジェット機「あすか」は30分ほどで宮城・山形県境の蔵王山に。そこから福島、栃木、群馬へと南下した。安達太良、磐梯、榛名と数分おきに火山が壮麗な姿を見せる。ここが、世界有数の火山密集地であることを実感する。


「日本に火山が集まっているのも、地震が多いのも、4枚ものプレートが集中しているからです。とくに太平洋プレートは沈み込みが速く、マグマが大量にできる。噴火したマグマが積み重なるだけでなく、噴火しなかったマグマも地下で冷えて固まり、地殻が盛り上がることによって、山がちな地形ができたのです」


海水を含んだプレートが沈み込み、深さ100キロほどに達すると熱と水分の作用で周りの岩石が溶けてマグマができる。これが浮力で上昇し、浅い地下に噴火の元となる直径数キロほどのマグマだまりができると考えられている。


「急峻な地形のせいで、川は速く流れて海に注ぐ。途中でカルシウムやマグネシウムを含む時間がなく、水は軟水になります。昆布やカツオのだしは軟水だとうまみ成分を取り出しやすい。和食の発達は、火山が多いことと関係があります。欧州では川がゆっくり流れて硬水になり、獣肉食と相性が良いのです」




これぞ活火山という富士山頂の見た目


6月に小規模噴火を起こした浅間山は落ち着いているように見えた。昨年9月の噴火で死者・行方不明60人以上という戦後最悪の火山災害を起こした御嶽山は雲に隠れていた。そこから富士山、箱根へ。富士山頂は、切り立った火口に、ごつごつと赤茶けた岩肌。裾野のラインが雲の下に隠れており、普段イメージする優美な姿とは、まったく別だ。


「赤茶けているのは溶岩が酸化したせいでしょう。火口の形がきれいに保たれ、これぞ活火山という見た目ですね」


箱根の大涌谷からは、いくつもの噴煙が確認できる。芦ノ湖を含むカルデラの底に、住宅や旅館、観光施設が立ち並んでいるのが見える。


「大涌谷を越えて木が倒れて赤くなっていたのが気になります。しかし、あそこは火口なのだから不思議ではありません。かつて巨大噴火を起こしたカルデラに住むのは、それなりに覚悟がいることです」


伊豆から南に火山が連なる。八丈島から1時間ほどで、一昨年に噴火し、面積を広げ続ける西之島が姿を現した。島全体を黒々とした溶岩流が覆い、火口は小高い丘に成長していた。





新たな地殻の誕生

夜の西之島
photo:Sako Kazuyoshi

「だいぶ火山らしくなってきました。海底から見ればこのあたりの島々は富士山より高い4000メートル級の大型火山です。島の下には十分なマグマがあると考えられます。地球創世のドラマと同じで、いままさに、新たな地殻が生まれているのです。遠い将来、西之島は本州にくっつき、大陸を成長させていきます」


日没後、硫黄島から再び西之島を目指すと、まったく別の姿があった。火口の中でマグマが煮えたぎっているのがうかがえる。山腹から太い溶岩流が2、3本、赤く光りながら流れている。


「これはすごい。火口にたまったマグマが山腹の割れ目から横漏れしているように見えます。火口近くと海岸間際は赤くなっていますが、その間の黒い部分は表面が固まって中をどろどろの溶岩が流れているのだと思います」


この数年間、西之島に限らず、日本列島の火山活動が活発になっているように感じられる。東日本大震災を機に、日本が「活動期」に入ったとの見方もある。


「今ぐらいの火山活動は、昔から当たり前のように繰り返されてきたことです。火山はいつ噴いてもおかしくない。九州で超巨大カルデラ噴火が起きたら、日本の存続すら危ういでしょう。その認識を持って、火山と向き合っていかなければならないのです」



たつみ・よしゆき 

1954年生まれ。専門はマグマ学、地球科学。著書に「地震と噴火は必ず起こる」「和食はなぜ美味しい」など。





(構成・江渕崇)

(次ページへ続く)



…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示