RSS

メンタルヘルス

[Part1]どこからが病気? 診断基準めぐり論争








どこまでが「健康」で、どこからが「病気」なのか──。2010年、「心の病」の新しい診断基準をめぐって、米国で激しい論争が起きた。


きっかけは、米国精神医学会がまとめた診断手引「精神疾患の診断・統計マニュアル第5版(DSM-5)」の草案だ。論争に火を付けたのは、同じ手引の第4版「DSM-4」の作成委員長で、精神科医のアレン・フランセスだった。


フランセスは著書『〈正常〉を救え』の中で、最新版の手引づくりに携わっていた精神科医らと学会のパーティー会場で議論したエピソードを紹介している。彼は、最新版の手引を使えば、自分も病気にされてしまうと主張した。


「私がおいしいエビや肉をたらふく食べるのは『むちゃ食い障害』、人の名前や顔を忘れるのは『軽度神経認知障害』、孫のかんしゃくは『重篤な気分調節不全障害』の症状だ」


論争は国内外に広がった。英国心理学会も「主観的な判断に頼っている」「医学の基準を満たしていない」などと批判する文書を公表。草案の見直しを求める請願には、1万5000以上の署名が集まった。


現代の「心の病」の分類の基礎は、19世紀にできた。ドイツの精神医学者エミール・クレペリン(1856~1926年)が、今で言う「統合失調症」と「躁うつ病」という2種類を区別した。当時、精神医学の対象になったのは、入院治療が必要なくらい症状の重い人たちだった。それが今や、心の病は世界中の誰にとっても身近な病になった。







客観的に診断する仕組みなく


すそ野が広がったきっかけの一つが、1980年に発表された米国精神医学会の診断手引「DSM-3」だ。


この手引の特徴は、原則として病気の原因を問わず、チェックリストのように症状の特徴や重さだけを見て診断できることだ。たとえば、ほとんど一日中、ほとんど毎日、「気分の落ち込み」や「興味や喜びの喪失」など五つ以上の症状が2週間続けば、うつ病と診断される。


「それまでは上司に怒られたり失恋したりして落ち込んだ場合、うつ病と診断されないことが多かった。落ち込んだ原因を問わず、症状だけで診断するようになり、かなり広い範囲がうつ病と呼ばれるようになった」と、医療人類学者で慶応大准教授の北中淳子は指摘する。


DSM-3は、かつては医師によって診断にバラツキがあった心の病を同じ基準で客観的に診断できたため、国際的な手引として世界に広まった。その後、94年にまとめられたDSM-4も、10年に草案が発表された最新版のDSM-5も、同じ考え方を引き継いだ。


DSM-4の作成に関わった国立精神・神経医療研究センター認知行動療法センター長、大野裕はこう解説する。「本来であれば、DSM-3をベースに、脳波や脳画像、血液といった、目に見えるもので客観的に診断する仕組みが必要だった。だが残念だが、80年以降、そういった研究に大きな進展はなかった」


最新版のDSM-5は論争の末、一部修正されたものの大枠は変わることなく13年5月に完成した。作成委員長のデービッド・クッファーはこんな声明文を出した。「遺伝学、神経科学の革命的な進展がいつかはあるかもしれない。でも、いつ実現するか分からない約束手形を患者に渡すだけでいいのか。この手引は心の病を分類するために、いま手に入る最強のシステムだ」


(左古将規)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)





この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示