RSS

私の海外サバイバル

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[第117回]テレビで「外国人リポーター」@ジャカルタ

加藤ひろあき/ミュージシャン、タレント



ON

テレビ番組での司会もしています

目の前のイカダに、目が点になりました。長めの竹をつなぎ合わせてつくったそれは、どう見ても頼りない。ラフティングをすると聞いていたけれど、これ?


インドネシアの南カリマンタン州バンジャルマシンに私はいました。地上波テレビ局がつくる旅番組の「外国人リポーター」としてです。密林の中を流れる川はけっこうな流れ。なんか雲行きも怪しいし。こんなんで、大丈夫か?


不安な思いがぬぐえませんでしたが、視聴者のため、やるしかない。ラフトとは名ばかりの竹のイカダに乗り、エイヤッで川にこぎ出しました。案の定、スコールが降り出し、水かさが増えて激流と化した川の中で竹製イカダはあやうく転覆。スタッフとともに慌てて陸に上がり、大きめのバナナの葉っぱを傘に見立てて差し、雨宿りしました。まるで、トトロの世界です。


2014年4月からジャカルタを拠点に活動しています。本職はミュージシャン。でも、日本では芽が出ず、大学で学んだインドネシア語を生かして活路を見いだそうと思ったんです。


旅番組のリポーターは、この国に来て5カ月ほどたったころ、オーディションで射止めました。30人ぐらいのインドネシア人に混じって審査を受けました。応募者の中にいた私を見たプロデューサーが「外国人が旅するのもおもしろい」と、番組のコンセプトを変えて採用してくれた。うれしかったですね。


こちらのキー局の放送で、土曜・日曜の午前10時から流れる1時間番組。5日のロケで1時間分を2本撮るのは超ハード。次々に移動しながら、滝つぼに飛び込んだり、祭りに参加したり。でも、広いインドネシアを見て回るのに、こんなに恵まれた仕事はない。毎回はりきってやってます。


旅番組のほかに、日本文化を紹介するケーブルテレビの番組でMCもやっています。日本の企業や行政が絡むイベントでの司会なども。イベントなどでは一緒に写真を撮ってと頼まれることも多いですが、それは「タレント」としてかな。


ミュージシャンとしてはこれから。でも、着実に活動は広げています。


かとう・ひろあき

1983年、東京生まれ。2014年4月からジャカルタで活動中。



(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から