RSS

世界の書店から

階級社会英国のホンネが見えるサイコスリラー

[第210回]園部哲 翻訳家

Photo: Nishida Hiroki

夏休みの読書に!と勧められていた『The Girlfriend』。すいすい読めるサイコスリラー。


〈登場人物〉テレビドラマ制作会社を経営するローラ(50代前半。以下年齢は一部推定)、その一人息子でケンブリッジ大学医学生のダニエル(23才)、彼と恋に落ちる美貌のチェリー(22才)、その母親でスーパーマーケット店員のウェンディ(40代後半)。


〈舞台〉ロンドンのいわゆる富裕地区ケンジントンと南仏サントロペ。


これだけでもう、ははーん、そういうやつね、という反応が返ってきてもおかしくない。たしかに「そういうやつ」ではありますが、80年代の「見栄講座」あたりに端を発する「金持」と「貧乏」の切り分けとか、韓流ドラマの基本であるどろどろの嫉妬とまさかの入院に慣れ親しんだ日本人読者としては、そうした要素が臆面もなく出てくるのが少々恥ずかしい。中流(日本でいえば上流)階級と労働者階級の相違や学歴、職業に対する偏見が容赦なく描かれて、息苦しささえ感じる。


高校時代成績抜群だったチェリーは経済的な理由で大学進学を諦めたが、「見栄えのいい」仕事につきたくて、実家のあるクロイドンを離れケンジントンの不動産業者に職を見つける。そこへふらりと現われたTシャツ姿のダニエル。自分用にとその場で4億円のアパートを買う(もちろん親の金)。ダニエルは彼女にひとめぼれ。チェリーは色々な意味で恋に落ちる。一人息子ダニエルを溺愛する母親ローラはチェリーのアプローチに不純なものを嗅ぎ取る一方で、娘の恋愛を素朴に祝福する母親ウェンディ。出だしは一見無邪気なラブストーリーが、圧力を受け、あやつられ、暗い憤怒が爆発し、悲劇を迎える。


なるほどこういう差別の仕方があるのか、と感心する個所も多い。たとえば、もちろん半分ジョークだろうが半分真実らしくもあるこんな記述。「ここの(ケンジントンのこと)住人は、クロイドンの人たちのように天気のことは話題にしない。なぜなら天気が悪ければ海外へ、ときには数週間行ってしまえるから」


著者40代にしての第一作というが、英米両国の映画学校で学んだあと、イギリスの映画・テレビ界でシナリオを書き、最近はBBCで仕事をしているという映像のプロらしく、ツボを押さえてベストセラー。


(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

[第214回]宮家あゆみ ライター・翻訳者 ヒラリー「敗北」を語る

[第214回]宮家あゆみ ライター・翻訳者
ヒラリー「敗北」を語る

[第213回]戸田郁子 作家、翻訳家 首都の文化遺産を辿る@ソウル

[第213回]戸田郁子 作家、翻訳家
首都の文化遺産を辿る@ソウル

[第211回]浅野素女 ライター 「ケネディの弟」の物語 @パリ

[第211回]浅野素女 ライター
「ケネディの弟」の物語 @パリ

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示