RSS

世界の書店から

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[第200回]失われし故郷への相聞歌@パリ

浅野素女 ライター




photo: Semba Satoru

アフリカ中央部にブルンジという国がある。ルワンダとタンザニアとコンゴ(かつてのザイール)に挟まれた小国だ。ガエル・ファイの 『小さな国(Petit pays)』の舞台である。


昨年秋、権威あるゴンクール賞の最終候補に残った作品。賞は逃したものの、いまや本家と肩を並べて毎年話題をふりまく「高校生の選ぶゴンクール賞」に選ばれた。35歳になるルワンダ人ラップ歌手の処女作であることも耳目を引いた。


物語は、作者と同じように、ルワンダ人の母とフランス人企業家の父を持つ少年の目線で語られる。ツチ族、フツ族、ザイール人、西欧人、様々な民族が共存するブルンジで、マンゴーの濃厚な甘い香りに包まれ、少年は幸福な子ども時代を送っていた。ただ、遠くに見える不吉な雨雲のように、隣国ルワンダの終わりのない内戦が「小さな国」にも影を落としている。ルワンダからの亡命者である母は、フランスで安全に暮らすことを夢見ている。


アフリカの匂いがむせるように香り立ち、見たこともない遠い国が、まるでそこで生活しているかのように読者にも身近に感じられる前半部。そこから一転して、突如、主人公の日常に憎しみや暴力がなだれ込む後半部。1993年のクーデター、そしてツチ族とフツ族の殺し合いの連鎖に、「小さな国」の平和も粉々に砕け散る。一見無邪気な少年の語り口が、悲痛さをいっそう残酷に浮かび上がらせる。遊び友だちも分断され、敵か味方か、どちらかを選ばなければならない。その現実が、主人公の子ども時代の終幕を告げる。


主人公の少年同様、ファイもまた国を捨て、父の祖国フランスに逃げ込まねばならなかった。「戦争を逃れて亡命してきたアフリカ移民」というレッテルに傷つき、自分のアイデンティティーはそんなものじゃないと叫びたい思いに、ファイは長いこと苦しんだ。 歌うことと同様、書くことは、彼にとって少しも大げさではなく、生き延びるための手段だった。


「小さな国」は、無益な殺し合いや不安定な政治の悲惨さを訴える物語ではない。むしろ、失われてしまった故国、誰もが心に抱く遠いふるさとへの、胸が張り裂けんばかりの相聞歌として、耳の奥にいつまでも響き続ける。



(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から