RSS

NYT Magazineから

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

チリ Kポップの熱狂




3月のある朝、もしチリのテレビを見ていたとしたら、驚く場面に遭遇しただろう。ニュースの途中で突然、サンティアゴ国際空港の中継が入ってきたのだ。「チリビジョン」のリポーターが韓国の大人気男性グループ「防弾少年団」(BTS)の姿をとらえようと必死になっている。


BTSは、サンティアゴの巨大ドーム形スタジアム「モビスター・アレーナ」で開催されるコンサートのために到着したばかり。コメントこそとれなかったものの、横断幕を掲げたファンの人だかりの中をBTSが大勢のスタッフに囲まれて通り過ぎるのを、カメラはとらえた。リポーターが笑顔弾ける若い女性に話を聞くと、ハイテンションな声が返ってきた。「一晩中待ってたの」 ほとんど全世界で一世を風靡したKポップだが、日の浅いチリでの席巻ぶりは他に類を見ない。


そもそも、既存のラジオ局はどこもKポップに興味を示してこなかった。チリに輸入される音楽といえば、これまではラテンの影響を受けた「レゲトン」や「ヒップホップ」か、アメリカン・ポップスくらい。チリ国内では、オルタナティブポップや、アンデス音楽とエレクトロニック・ポップをかけ合わせた新世代フォークなど、国もジャンルも縦横無尽にした音楽がもてはやされてきた。

だからこそ、BTSとファンたちはネットの世界から潜り込んでいかざるを得なかった。彼らの玄関口となったのは、インターネットラジオの「コカ・コーラFM」。アメリカではほとんど知られていないが、実はチリでは1日4万人のリスナーを誇る人気だ。ここで、毎週金曜日、チリ人DJのロドリゴ・ガリーナによるKポップ番組が放送されている。 さらに、ソーシャルメディアが重要な役割を果たした。(執筆時点で)BTSのツイッターフォロワー数は500万人に上る。ネット上の活動をランキングするビルボードの「ソーシャル50」では22週連続で首位を独占。3人のチリ人ファンが運営するBTSファンアカウントでは、バンドのニュースやソーシャルメディアへの投稿を、その都度スペイン語に訳して紹介。



(次ページへ続く)
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から