RSS

Webオリジナル

「移民」のクマに学ぶ、不寛容との向き合い方~『パディントン2』

東京でインタビューに答えるヒュー・ボネヴィル=仙波理撮影


シネマニア・リポート Cinemania Report [#81] 藤えりか


「移民」「外国人」と聞くと、「自分とは無縁」と思う人も多いかもしれない。でも19日公開の英・仏映画『パディントン2』(原題: Paddington 2)(2017年)でクマのパディントンと暮らすブラウン家のお父さん役ヒュー・ボネヴィル(54)にインタビューし、はっとさせられた。何らかの「よそ者」「新参者」になる経験は、誰にだってある。移民排斥と不寛容が世界で渦巻く今だからこそ、ペルーから英国に渡った「移民」パディントンに学んでみよう。


『パディントン2』は英国の作家、故マイケル・ボンドが1958年から書いた世界的な児童文学『くまのパディントン』を原作とした実写版『パディントン』(2014年)の続編だ。ペルーの森で生まれ育ち、ロンドンへひとり「移民」をしたクマのパディントン(声: ベン・ウィショー、37)は、ヘンリー・ブラウン(ボネヴィル)&メアリー・ブラウン(サリー・ホーキンス)夫妻一家の一員に。よそ者を嫌う近所のカリーさん(ピーター・カパルディ、59)に邪険にされながらも、楽しく暮らしていた。ある日、骨董品店で高価な「飛び出す絵本」を見つけ、故郷で独り暮らすルーシーおばさん(声: イメルダ・スタウントン、62)の100歳の誕生日に贈ろうと、窓ふきの仕事を始める。うまくいかず落ち込むものの、次第に腕をあげてお金も貯まっていくが、ある夜、絵本が何者かに盗まれるのを目撃。必死で追いかけるが、駆けつけた警官に逆に逮捕され有罪となり、刑務所へ送られる。真犯人を探して奔走するブラウン一家。背後では、パディントンから聞きつけた「飛び出す絵本」にただならぬ関心を持った落ち目の俳優、フェニックス・ブキャナン(ヒュー・グラント、57)がよからぬ動きを見せていたーー。

『パディントン2』より ©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.

このヒュー・グラントの役柄は、かなりろくでもない、それでいて憎みきれないキャラだ。第1作に続いて脚本も書いたポール・キング監督がグラントにあて書きした。来日したグラントは東京でのプレミア上映での舞台挨拶で、 「(監督から)『昔はとても有名だったのに、今やすっかり落ちぶれてとても苦々しくなり、自分がとても大好きな俳優の役がある。あなたはそれにぴったりだと思う』という手紙が届いた。ちょっと傷ついたけどね」とおどけたが、オファーはすぐに受けたそうだ。「これまでやった映画の中で『パディントン2』はベストかもしれない、と思っている。引き受けた当初はまさかそうなるとは思っていなかったけど、ちょっと変わった形の名作だと本当に思う」とまでグラントは言った。

東京でのプレミア上映を前に舞台挨拶するヒュー・グラント(右)とヒュー・ボネヴィル=1月16日、藤えりか撮影

実際、この作品を見ながら私は何度も笑って泣き、泣いて笑った。ヒュー・ボネヴィルにインタビューの冒頭でそう言うと、「まさにそれが狙いだよ」と返ってきた。


パディントンがブラウン一家と暮らすロンドンの「ウィンザー・ガーデン」地区は、第1作よりも人種的に多様になっているように見えた。第1作公開後、欧州は中東やアフリカなどから移民や難民が殺到し、いわゆる「欧州難民危機」に。英国は2016年、欧州連合(EU)離脱を決めた。今作は、この間の変化を反映しているのだろうか。ボネヴィルは答えた。「ロンドンないし英国は今、先が読めない雰囲気になっている。他国との協調から脱しようとしている特異な状況にあるためだ。私の人生の中で、英国は一度は共同市場の一員となりながら、国民投票でEU離脱を決めた。どうなるか見通せない独特の雰囲気が漂っている。それでもロンドンは変わらず多様だけどね」

ヒュー・ボネヴィル=仙波理撮影

ボネヴィルはそのうえで、「マイケル・ボンドは『くまのパディントン』を最初に書いた1958年の時点で、意識してか無意識なのか、すでに文化的にも人種構成的にも変わりつつあるロンドンの姿を反映させていた。彼が住んだロンドンの地区にはカリブ諸国からの移民が大勢流れ込み、それが映画の第1作にも第2作にも登場したカリプソ・バンドのヒントになっている」と、多様性は原作の当初から織り込まれていたと語った。


パディントンは、ロンドンのパディントン駅にたどり着いた時、スーツケースを抱え、「このクマをよろしくお願いします」という札を首に下げていた。「これは(第2次大戦中に)子どもたちがガスマスクを着けてロンドンから避難した時の様子が原型となっている」とボネヴィル。英BBCによると、英南部レディング育ちのボンドの脳裏に、戦時中のニュース映像が焼きついていたそうだ。つまりパディントンは、「移民」の象徴ばかりではないのだ。

『パディントン2』より、ヒュー・グラント(左) ©2017 STUDIOCANAL S.A.S All Rights Reserved.
(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示