RSS

Webオリジナル

山本議員の「あんな黒いの」発言

アフリカ研究者 白戸圭一 15

2016年にジンバブエ大統領として来日したムガベ氏

思い出すムガベ氏


 1980年の独立から37年間、権力の座にあった南部アフリカ・ジンバブエのロバート・ムガベ大統領が11月21日、クーデターを受けて大統領を辞任し、3日後の24日にエマーソン・ムナンガグワ氏が新大統領に就任した。

 ジンバブエで独立後初の政変が起きていたその頃、前地方創生担当相の山本幸三・衆院議員(自民党)が、アフリカ諸国との交流に取り組む同僚議員の活動について「何であんな黒いのが好きなんだ」と発言し、批判を浴びた。「日本アフリカ学会」(会長、太田至京都大教授)の会員有志は、12月1日付で山本氏宛てに抗議文を送付した。山本氏は発言が問題視されると「アフリカは『黒い大陸』と呼ばれていた」「差別的な意図はない」などと釈明したが、人権感覚を疑わせる常軌を逸した発言と言うほかない。


 人権の観点から山本氏を批判する人は大勢いると思うが、ここでは少し違う角度から、山本氏の発言の問題点について書いておきたい。

 山本氏の発言を知った私が真っ先に思い出したのは、奇しくもこの発言の直前に大統領の座を明け渡したジンバブエのムガベ氏のことだった。

 これから書くのは、山本氏に「あんな黒いの」と侮蔑されたアフリカ人の一人であるムガベ氏が、今から12年前に取った国連安全保障理事会(安保理)改革に際しての行動である。


 周知の通り、国連では15カ国で構成する安保理が強い権限を持ち、米英仏中露の5カ国が常任理事国として国際的な安全保障に大きな責任を持っている。5カ国のうち1国でも拒否権を行使すれば、安保理決議は採択されない。一方、非常任理事国10カ国は2年に一度選出され、拒否権を持っていない。拒否権は戦勝5カ国だけが持つ特権の中の特権である。


 しかし、5カ国が特権的地位を占めていることへの反発が国際社会で強まり、2004~05年にかけて、安保理の仕組みを抜本的に改革しようとの機運が国際社会に広がった。小泉純一郎首相(当時)は04年9月の国連総会演説で安保理改革の必要性を世界に向けて訴え、05年1月の通常国会の施政方針演説では日本の常任理事国入りへ向けた意欲を語った。 


 日本、ドイツ、ブラジル、インドの4カ国は当時、常任理事国入りを目指して「G4」と呼ばれるグループを結成し、常任理事国に新たに6カ国を加えて全部で11カ国とする案を打ち出した。新設の常任理事国6カ国には、アジアから日本とインド、欧州からドイツ、中南米からブラジルを選出し、残り2カ国をアフリカ枠とする案だった。


(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

アフリカ@世界 白戸圭一 「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ@世界 白戸圭一
「身近な隣人」が暴力の担い手になる時

アフリカ@世界 白戸圭一 若き革命家大統領の死から30年

アフリカ@世界 白戸圭一
若き革命家大統領の死から30年

アフリカ@世界 白戸圭一 テロは日本の脅威になるのか

アフリカ@世界 白戸圭一
テロは日本の脅威になるのか

アフリカ@世界 白戸圭一 北朝鮮は本当に孤立しているのか

アフリカ@世界 白戸圭一
北朝鮮は本当に孤立しているのか

アフリカ@世界 白戸圭一 コートジボワール、排外主義と内戦の末

アフリカ@世界 白戸圭一
コートジボワール、排外主義と内戦の末

アフリカ@世界 白戸圭一 エチオピアとケニア GDP逆転で思うこと

アフリカ@世界 白戸圭一
エチオピアとケニア GDP逆転で思うこと

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示