RSS

Webオリジナル

エチオピアとケニア GDP逆転で思うこと

アフリカ研究者 白戸圭一 09

エチオピアがケニアを抜く


アジアにおいて長年、最大の経済規模を誇ってきたのは日本だったが、国際通貨基金(IMF)の米ドルベースの統計によれば、中国の国内総生産(GDP)総額(名目値)は2010年に日本のGDP総額を凌駕(りょうが)し、中国はアジアで最大、世界では第2位の経済大国となった。中国が米国をも抜いて世界最大の経済大国になる日が来るか否かは分からないが、少なくとも日中のGDP規模の差は今後、拡大し続けていくと予想されている。


筆者が専門としているアフリカでも近年、国家の経済規模を巡って逆転が起きた。東アフリカのエチオピアのGDP総額がケニアのそれを凌駕し、ナイジェリア、南アフリカ、アンゴラに次ぐサブサハラ・アフリカ第4の経済パワーとなったのである。

渋滞するケニアの首都ナイロビの道路

英国植民地から1963年に独立したケニアは西側資本を積極的に誘致し、60~70年代に高度成長を謳歌(おうか)した。首都のナイロビには西側企業が続々と進出し、ナイロビは外国企業がアフリカ進出する際の玄関となった。


それだけではない。ケニアにはライオン、ゾウ、キリンなどの野生動物が多数生息している。ケニア政府は自然保護区(国立公園)を設定し、野生動物を観光資源とすることにも成功した。車に乗りながら野生動物を見て歩く「サファリ・ツアー」は一大産業に成長し、ケニアは世界中から毎年100万人以上が訪れる観光大国にもなったのである。


この結果、ケニアは近年まで、サブサハラ・アフリカではナイジェリア、南アフリカ、アンゴラに続く第4のGDP規模を有してきた。


一方、ケニアの北側に位置するエチオピアは長年、皇帝による独裁政治下にあった。74年の革命で帝政は打倒されたが、新たに成立した社会主義政権の下で経済は停滞し、内戦が勃発した。社会主義政権は91年に崩壊したが、内戦で国土は荒廃し、2000年時点のケニアとエチオピアのGDP総額(名目値)を米ドルベースで比較すると、ケニアの約141億ドルに対し、エチオピアは約82億ドルと大きな差があった。



(次ページへ続く)

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

Back number | バックナンバー

アフリカ@世界 白戸圭一 エチオピアとケニア GDP逆転で思うこと

アフリカ@世界 白戸圭一
エチオピアとケニア GDP逆転で思うこと

アフリカ@世界 白戸圭一 中国は本当に嫌われているのか

アフリカ@世界 白戸圭一
中国は本当に嫌われているのか

アフリカ@世界 白戸圭一 忘れられた南スーダン自衛隊派遣

アフリカ@世界 白戸圭一
忘れられた南スーダン自衛隊派遣

アフリカ@世界 白戸圭一 定義なき「テロ等準備罪」

アフリカ@世界 白戸圭一
定義なき「テロ等準備罪」

アフリカ@世界 白戸圭一 エボラ熱対策、合理性は

アフリカ@世界 白戸圭一
エボラ熱対策、合理性は

Popular article | 人気記事

さらに記事を見る
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示