RSS

薬とカネ

[Part2]なぜ薬の値段は高騰するのか/佐藤健太郎(サイエンスライター)





この十数年で、薬の世界はすっかり様変わりしました。かつて大手製薬企業の売り上げを支えたのは、高血圧やぜんそくなど、多くの人がかかる病気が対象の「ブロックバスター」薬でした。分子量が数百程度の「低分子薬」で、化学工場で低コストで大量生産できます。


しかし、低分子薬の開発は行き詰まっています。かつてのブロックバスター薬の大半は、特許期限が切れて安価なジェネリック薬に市場を奪われ、新薬の治験も失敗続き。現在の売上高上位を占めるのは、分子量数十万のたんぱく質を薬として使う「バイオ医薬品」です。


低分子薬は体の隅々にまで行き渡りますが、バイオ医薬品は大きすぎて細胞の中には入れず、病気に関連する細胞表面のたんぱく質にくっついて作用します。対象となる病気は今のところ、特定のがんやリウマチなどに限られますが、時として劇的な薬効があり、副作用も少ないのが特徴です。2006年と16年の薬の売上高ランキング比較(06面参照)は、こうした「薬の主役」の変化を端的に表しています。


…続きを読む

この記事の続きをお読みいただくためには、購読手続きが必要です。
GLOBE総合ガイド
  • ログインする
  • ご購読申し込み

朝日新聞デジタル購読者(フルプラン)の方なら手続き不要

「朝日新聞デジタル(フルプラン)」を購読済みの方は、ご利用のログインID・パスワードでGLOBEデジタル版の全てのコンテンツをお楽しみいただけます。「ログイン」へお進みください。
朝日新聞デジタルのお申し込みはこちら

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

Information | 履歴・総合ガイド・購読のお申込み

Editor's Note | 編集長から

PC版表示 | スマホ版表示