RSS

カメラと変わる

この記事をすすめる 編集部へのご意見ご感想

  
ソーシャルブックマーク
このエントリーをはてなブックマークに追加

[Part1]初のサーフィン、「喜び」を撮る







10月初旬、生まれて初めてサーフィンに挑み、その姿を「自撮り」した。正確には、撮影したのはサーフボードに装着したアクションカメラ「GoPro」だ。ズームも手ぶれ補正も、機種によっては液晶モニターもないが、170度の超広角レンズが被写体の自然な姿を写しだす。


米国のベンチャーGoProが開発。ライブ感あふれる写真や映像がSNSで「シェア(共有)」され、世界に利用者が広がった。ヒットの理由を探ろうと、米西海岸の町カーディフのオフィスを訪ねた。


2階建て社屋の屋上からビーチが見える。広報担当ディレクター、リック・ラフリー(42)によれば、社員たちは昼休みにサーフィンを楽しむという。機材の使い勝手を試すにはぴったりだ。


日没まで1時間余り。日差しは強く、水温は温かい。波は引き潮、そう高くはない。ラフリーがサーフィンの指導役を引き受けてくれた。一体どんな映像になるんだろう──。笑顔の裏に緊張を隠し、ボードの先端に超小型カメラを取り付けた。




カメラマンのライバル


ボードに腹ばいになり、小さな波を乗り越えて沖に向かう。手頃な場所でボードの先端を陸に向け、大きな波を待つ。ラフリーの「立てーっ!」の合図で片足を前に出し立ち上がろうとするが、水の上でバランスがとれず、波と一緒に何度もひっくり返る。「甘かった」と諦めかけたとき、波の勢いに体が自然に反応した。波が体を運んでくれるような感覚。今だ。視線の向こうの砂浜が低く見える。立ててる?立ててる! やった──。


ビデオに映った自分は想像以上にうれしそうだ。わずか数秒間のできごとを、「見て、できたよ!」と誰かに伝えたくなる。カメラはガッツポーズからラフリーとのハイタッチまで、感動の時間を余すところなくとらえていた。思いもかけない自分の自然な表情を見て、カメラマンにとっては強力な「ライバル」になるかもしれないと感じた。


創業者兼CEOのニコラス・ウッドマン自身もサーファーで、「プロのように撮ろう」という気持ちを社名にしたという。2004年の初代機は35ミリのフィルムカメラで腕に巻いて使った。2年後にデジタル化し、どこにでも付けられる今のタイプに改良。プロのスポーツ選手も使い始め、その映像を見た一般の人たちがこぞって買い求めた。何が受けたのか? ラフリーは「カメラで喜びの感情を表現できるようになったから」だと言う。スポーツの最中や水中でも、楽しむ自分をありのままに記録できる。







コンパクトでパワフル


SNSの役割も大きい。デジタル化とほぼ同時にネット動画配信システム「You Tube」が始まり、人々は感情表現の方法に加え、伝達の手段も手に入れた。「撮りたい」「見て欲しい」という人々の欲求を膨らませる好循環が生まれた。


国内では、体当たり演技で笑いをとる芸人らが、ヘルメットなどに取り付けるカメラとして定番だ。風船に取り付けた「GoPro」で宇宙の撮影に挑む岩谷圭介は「コンパクトでパワフル。高画質で長時間録画できるのは革命」とその魅力を話す。





(鬼室黎)

(文中敬称略)

(次ページへ続く)



「喜び」を撮る

初のサーフィン、動画でも撮影してみました(撮影:鬼室黎、機材提供:Go Pro)



Facabookでのコメント

朝日新聞ご購読のお申し込みはこちら

世界のどこかで、日本の明日を考える 朝日新聞グローブとは?

Editor’s Note 編集長から